【非行】自室が不良仲間の溜まり場に・・。このピンチを「チャンス」に変える!|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
【非行】自室が不良仲間の溜まり場に・・。このピンチを「チャンス」に変える!

高校生になると、自分専用の部屋を欲しがる子や、実際に個室を与えられている子が増えてきます。世間的には「親離れ・自立願望」といったところでしょうか。

ところが、非行の子の場合「部屋を与えると不良の溜まり場になってしまうのでは・・」という心配が先にたち、なかなか部屋を与えてやる決心がつかない親御さんも多いのではないでしょうか。実際、非行のカウンセリングにこられている方々も、個室を与えている子の中には、毎日のように仲間を呼んでいるというケースが少なくありません。「部屋でタバコを吸っている子もいるようだし、大声で騒いで近所迷惑にもなってるし・・」。

溜まり場になってしまった場合は力ずくでも追い出した方が良いんでしょうか?」。このような質問は非行のカウンセリングでは珍しくありません。同時に、私どもにはご家族が試してこられた多くの「失敗例」があります。「追い出したら他の場所を溜まり場にするようになった」「みんなの前で父親に注意してもらったら、一切口をきかなくなった」という結果がトップ2でしょうか。

目の前の「溜まり場」はなくなったものの、子どもが家に居つかなくなった上に、親と口をきかなくなった・・。これでは非行問題の解決とは言えません。

非行問題の解決を目標にカウンセリングを進める場合、「親子の接点」はどうしても必要になります。考え方によっては「自室が溜まり場」=「子どもの所在がわかる・仲間の情報もわかる」のです。非行の子の特徴がわかってくれば、声の掛け方の工夫によって、非行の子も仲間の子もコントロールできるようになることがあります。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一(精神科医・心療内科医)
担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)

2014年11月11日

【非行】自室が不良仲間の溜まり場に・・。このピンチを「チャンス」に変える!

与えた部屋が不良仲間の溜まり場になってしまった場合は力ずくでも追い出した方がよいでしょうか、などのご質問は、非行のカウンセリングでは珍しくありません。私どもには、ご家族が試してこられた多くの失敗例もあります。非行問題の解決を目標にカウンセリングを進める場合、親子の接点はどうしても必要です。考え方によっては「自室が溜まり場」=「子どもの所在がわかる・仲間の情報もわかる」のです。

  1. 【非行】自室が不良仲間の溜まり場に・・。このピンチを「チャンス」に変える!

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」