家庭内暴力を伴う不登校の特徴|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
家庭内暴力を伴う不登校の特徴

家庭内暴力ときくと、誰もが「ヘタなことを言うとすぐにキレる」とか「いつも目つきが悪い」などの凶悪なイメージを浮かべるのではないでしょうか。

実際、家庭内ではしょっちゅう荒れていたり暴言を吐いている子はいるのですが、これが、「ちょっと条件が変わるだけでこうも変わるものか」ということがあります。その「条件」とは何でしょうか。

家庭内暴力の子は、家庭では荒れているものの、「外出」したり「他人の前」では全く別人のように振る舞うことがよくあります。特に、家族と一緒にいない時の方が違いが明白です。直前まで荒れていても「友だちや親戚の家に行くと、借りてきた猫のように大人しい」とか「学校の先生に対して礼儀正しかったり、何を頼んでも『イヤ』と言わない」ことがしばしばあるのです。

では、一体どちらがその子の本当の姿なのでしょうか。実は「本来の持ち味・性格」という点から考えると、どちらも正解であると言えます。外(友だちや他人の前)では、気をつかいすぎて言いたいことが言えなかったり、慣れない人の前で緊張していたりと、ストレス過多な状態だと言えます。一方、内(家庭)では、外で溜まったストレスを言葉で発散できないぶん家族に八つ当たりするという面や、家族とのテンポや口数の違いなど、家族すら意識しないことが日常的にストレスとして溜まっていることがあるのです。つい荒れている面ばかりに注目しがちですが、日ごろからの何気ないことが本人にとって「大きなストレス」になっていることが見落とされやすいのです。

淀屋橋心理療法センターでは、このような「本人の持ち味・ストレス源」等を重要視し、しっかり分析した上で対応のアドバイスに生かしています。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一
小川和夫(不登校・非行専門カウンセラー)

2010年12月15日

家庭内暴力を伴う不登校の特徴

家庭内暴力を伴う不登校の特徴に、ちょっと条件が変わるだけでこうも変わるものかということがあります。

  1. 家庭内暴力を伴う不登校の特徴

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」