【不登校】「寝たくない!」は睡眠障害?|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
【不登校】「寝たくない!」は睡眠障害?

睡眠障害」は一般的に「眠りたいのに眠れない」「いつも眠たい」「せっかく早く寝たのに途中で目が覚めてしまう」など、いわゆる「不眠症」のように自分の意に反して睡眠がうまくコントロールできない場合に使われます。

しかし、不登校のカウンセリングで親御さんから「いくら注意しても子どもがなかなか寝ないんです」「ゲームやネットとか朝方までやって、いつも寝不足なんです」といった相談をよくお受けします。さらに「これは睡眠障害でしょうか?」とも・・。

確かにインターネットやゲーム機・スマホなど便利なものが普及するほど、楽しいことに時間をかけてしまい寝る時間が遅くなっているのは事実でしょう。しかし、その子が「不登校」となると話は別です。不登校の小学生・中学生・高校生など、たくさんの不登校の子たちの声をひろってみたところ、意外な発言を耳にすることがあります。それは・・

寝たくない!。寝たら明日がくるから!」なのです。

ユニークな表現ですが、意外と多くの不登校の子がこのように言うのです。これは「『寝落ち』するまでネットゲームやスマホを手放さない子」と同じような心理状態だと考えられます。いわゆる翌日の登校のことを考えると気持ちが重たくなり、眠ってしまって明日(登校当日)になってほしくないのです。

不登校のカウンセリングでは、一生懸命に早く寝かしつけようという親御さんの気持ちを踏まえつつ、なかなか寝ようとしないのは翌日の「登校不安」からきているということを説明します。そして、登校不安の解決や解消の方に重点をおいた方が早く寝付けるようになる上、不登校問題も解決しやすいという「一石二鳥」案をお勧めしています。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一(精神科医・心療内科医)
担当 小川和夫(不登校・非行専門外来担当 心理カウンセラー)

2014年6月18日

【不登校】「寝たくない!」は睡眠障害?

注意しても子どもがなかなか寝つかない、ゲームやネットで寝不足、というご相談をよくお受けします。また、意外と多くの不登校の子は「寝たくない!。寝たら明日がくるから!」と言います。不登校のカウンセリングでは、登校不安の解決や解消の方に重点をおいた方が早く寝付けるようになる上、不登校問題も解決しやすいという案をお勧めしています。

  1. 【不登校】「寝たくない!」は睡眠障害?

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」