【不登校】スマホ・ネットゲームの意外なメリット(対人恐怖症)|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
【不登校】スマホ・ネットゲームの意外なメリット(対人恐怖症)

世間では、スマホやネットゲームのやりすぎは「スマホ中毒・スマホ依存」「ゲーム中毒・ゲーム依存」など、たいていはマイナスの意味合いで使われることが多いと思います。

実際、当センター不登校のカウンセリングでも、スマホやネットゲームのやりすぎは、向き合うべき問題(登校・進路)をしっかり考えず、「現実逃避」に走ってしまっている結果である場合が多く、「改善すべきこと」として扱う傾向があります。

しかし、よくよくスマホやネットゲームにはまっている子たちの様子を聞いていると、単に現実逃避だけでなく、「この子はもしかして対人関係の練習をしているのかな?」と思わせるような子もいます。ある日、担任やクラスメートから聞いた情報や予定を、親御さんから子どもに伝えたとき、「知ってる。LINEでみた」「うん、ツイッターに書いてあったし」と、すでに学校の情報をLINEやツイッターなどのSNS経由で知っていることがあるのです。

このような子たちは、ひきこもりで不登校ではあるものの「ネット」という手段でクラスの子や学校との接点を持っているのです。大声でネットゲームしながらしゃべってるなーと思っていたら、実は相手の子はクラスメートだったり。意外とクラスとの子や日々の学校の情報は親以上に知っている場合も。

登校できず家にひきこもっているものの、誰とも接点をもたない「ひきこもり」の子よりは、日頃から学校の情報が手に入っていたり、学校の友だちとの接点があった方が学校(登校)に対する意識は高まります。また、いざ登校する際にも、授業の進み具合、休み時間の様子、流行っている話題などがわかっているだけに、再登校の「不安」自体が少なくなる子が多いようです。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一(精神科医・心療内科医・児童精神科医)
担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)

2015年2月25日

【不登校】スマホ・ネットゲームの意外なメリット(対人恐怖症)

スマホやネットゲームのやりすぎは、登校や進路の問題を考えず、現実逃避に走っている場合が多いです。けれども、単に現実逃避だけでなく「この子はもしかして対人関係の練習をしているのかな?」と思わせるような子もいます。学校の情報をLINEやツイッターなどのSNS経由で取り入れ、友だちとの接点も持っていたりして、再登校の不安自体が少なくなる子が多いようです。

  1. 【不登校】スマホ・ネットゲームの意外なメリット(対人恐怖症)

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」