荒れる言葉にはキーワードがある本「しぐさでわかる心の病気」(エール出版社)|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
荒れる言葉にはキーワードがある本「しぐさでわかる心の病気」(エール出版社)

しぐさでわかる早期発見のサイン

  • 「学校、試験」など、気にしている言葉を聞くと目がきつくなる。
  • 朝おこすと「うるさい、ほっとけ」といった暴言をはき、足でけるまねをする。
  • わけもなく突然怒り出すことがふえてきた。
  • 家人の出す音(うがい、新聞をめくるなど)に神経質になる。
  • 気に入らないと、テープルをドーンとたたいたり、ドアをバターンと閉めるたりする。
  • 母親や妹(弟)対して「ああしろ、こうしろと、命令口調でものを言い出す。

家庭で出来る予防法

暴れ出すキーワードを見つけよう

本人は自分の感情をうまく言葉で言うことができないので、かなり抑えていることが多い。ガマンの糸が切れたとき、突然ワーッと暴れだし手が付けられなくなる。この糸が切れるきっかけとなる言葉(キーワード)がみつかるかどうかが、分かれ目である。「学校、試験」という言葉が禁句である子もいるし、「そんなんやめとき」という指図する言葉のこともある。とにかく怒りが噴き出す前のキーワードを見つけよう。

ガマン強い本人を評価してあげよう

家庭内暴力を起こす子は、根っ子の部分では親思い、兄弟姉妹思いのやさしい子が多い。暴れ出しても「なんでそんなことするの。やめなさい」というよりも「ずいぶんガマンしてきたのね。つらかったでしょう」という言葉のほうが、本人の気持ちは早く落ち着く。

どんな言い分もまず「イエス」で受け止めて

「おい、おかん、100万円くれ」と、理不尽な要求を言ってきても、すぐに否定するのはよくない。「なんてこと言うの。17才にもなって」という正論はかえって火に油を注ぐことになりかねない。「え、100万円?うわー、すごい額やね」と、驚いてみせて。少し間をおいて何を言い出すかを待ちましょう。そして本人が言い出したことはしっかりと、耳を傾けて。子どもは親の自分への関心や愛情を確かめるため、とんでもない要求を出すと言うこともある。

「見守りましょう」の落とし穴

「抵抗してはいけません」「ただただ見守りましょう」「そのうち治ります」といったアドバイスをよく聞く。が、これは「なにもしないのと同じ」で、事態が悪化する危険性をはらんでいる。親が抵抗しないことで、良くなってきたか。見守るうちに本人が荒れる回数はへってきたか。また自分からどんどんなにかをやりだしたか。こうした良いデータがでてくるか、観察が不可欠である。子どもの状態が改善する仕組みをつくる専門的なアドバイスを受けていくことが必要である。

しぐさでわかる心の病気

「しぐさでわかる心の病気」(エール出版社)

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
福田俊一(精神科医、所長)
増井昌美(家族問題研究室長)

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」