【不登校】親を責める発言も実は良い傾向なんです|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
【不登校】親を責める発言も実は良い傾向なんです

不登校のカウンセリングが順調に進んでいくと、次第に子どもさんの口が軽くなってきて、それまで避けていた(タブーだった)学校の話題も話せるようになってきます。口が軽くなりはじめた頃は「○○っていうゲームが流行ってるんだ」「隣の席の○○君は、しょっちゅう先生に叱られてた」「部活動してる子は早弁してる子が多いわー」といった、何気ない光景、いわゆる学校の日常の話題から話が広がってくる事が多いものです。

ここで親御さんが安心せず対応の面でさらに頑張っていただきます。さらに子どもさんの口もゆるみ、次第に「感情」のこもった話もできるようになってきます。「うちのクラスの女子はウザいわー!」「数学の○○(先生)の説教がいつもクドい!」「マラソン大会なんかなかったらいいのにー!」と、具体的に不満グチなどを訴える力もついてくることがあります。これは不登校のカウンセリングで、とても大事な要素として考えている「マイナス感情」が出始めたということなのです。

このように、伸びてきた子どもさんの発言に喜んでいる最中、親御さんが「えっ、これは・・」と困惑される場面に遭遇することがしばしばあります。その筆頭は「父親批判・母親批判」でしょう。他のグチや文句であればしっかり聴いてやれるものの、「昔、父さんに○○って言われてすごくイヤだった!」「お母さんのその言い方がイヤなんだよ!」・・・。急に親を責める発言「親批判・親への不満」を口にして来た時、つい「いや、あれはねー」と弁解してしまったり、逆に、「ごめんなさい、本当にゴメンなさい」と、謝ってしまったりと対応が変わってしまう場合が多いようです。すると、子どもさんはそれまでのグチをこぼす勢いがなくなる上、「もういいわ!」とかえって怒りが増してしまったり、それまでのようにグチや不満を話す勢いが衰えてしまうことがあるのです。

不登校のカウンセリングでは、このような親御さんの対応も子どもさんの反応も織り込み済みです。カウンセラーは細かな違いを説明した上で、他のグチと同様に対応していただくことをお勧めすることが実は多いのです。「親にさえも気軽に文句や不満が言えるようになったんだ」と喜んでいただきたいのです。

また、当センターでも親御さんが対応される上で「共感」「同調」といった用語を使うことがありますが、この二つの用語でさえも私どもでは区別しています(あくまで当センター流です)。しかも、親御さんが返してやる言葉・発言もケースバイケース。根気が要りますが、このような細かな点まで対応を工夫し、子どもさんがしっかりグチってすっきり!」という目標を達成していただきたいのです。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一(精神科医・心療内科医・児童精神科医)
担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)

2015年3月25日

【不登校】親を責める発言も実は良い傾向なんです

不登校のカウンセリングが順調に進むと、次第に子どもさんの口が軽くなり、ここで親御さんが安心せずに対応していただくと、次第に感情のこもった話もできるようになってきます。そんな中で、親批判・親への不満が出てきて親御さんが困惑される場面もしばしばありますが、他のグチや不満と同様に対応していただくことをお勧めすることが実は多く、根気が要りますが細かな点まで対応を工夫していただき、目標を達成していただきたいのです。

  1. 【不登校】親を責める発言も実は良い傾向なんです

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」