小学3年生の不登校の同伴登校で|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
小学3年生の不登校の同伴登校で

不登校の小3のJ君はお母さんと一緒なら教室に入ることができるようになりました。お母さんは教室の一番後ろの隅でJ君の様子を見守っています。J君も時々振り向きながらお母さんの姿を確認し隣の席の友達とふざけあったり笑い合ったり。随分明るくなってきた姿を『よかったなあ』とお母さんも嬉しく思われています。家に帰っても学校での出来事を楽しそうに話してくれて『そうそう ○○君寒そうだったよね』など一緒に時間を過ごしているお母さんだからこそ会話も一層盛り上がります。順調に再登校のステップを歩んでいるといえます。

お母さんもJ君の順調な経過はもちろん嬉しいのですが、お母さん自身は夜子どもが寝てから落ち込むことがあるそうです。親が学校で一緒に過ごしているのはやはり特別なことで、遠慮のない同級生からは『何故毎日教室にいるの?』とストレートに言われるし登下校のとき同級生の保護者の人に会うと『毎日大変ね』と同情や好奇の目で言われるのがつらいそうです。同伴登校は我が子のためだからこそできる尊い行動です。お母さんの子どもさんを思う大きな愛情に我々も感動します。そしてカウンセリングの場では愚痴や弱音を吐かれるお母さんをしっかりフォローできればと思います。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

スタッフU

2015年1月17日

小学3年生の不登校の同伴登校で

不登校の小学3年生のJ君は母親と一緒なら同伴登校できるようになり、順調に再登校のステップを歩んでいるといえますが、母親自身は落ち込むことがあるそうです。同伴登校は我が子のためにできる尊い行動で、子どもさんを思う大きな愛情に我々も感動します。カウンセリングの場では愚痴や弱音を吐かれるお母さんをしっかりフォローできればと思います。

  1. 小学3年生の不登校の同伴登校で

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」