真弓(小学校6年不登校)【前編】|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
真弓(小学校6年不登校)【前編】

五年生の時、同じクラスのY子にイヤなことを言われたことをきっかけに真弓は学校を休みはじめた。真弓はもともと勝ち気だったもののY子には叶わなかった。Y子はクラスの女子をたばねるリーダー的な存在で、男子といえどもY子に逆らう者はいなかった。

真弓の気の強さはカウンセリング中でも健在だった。カウンセラー相手にも「タメぐち」で話し、母親の話がちょっとでも気にさわれば「ちがうやん!、○○や、○○!」とすぐさま修正した。カウンセラーは、これほど勢いのある子ならこの持ち味を再登校の原動力にしようと考えた。

しかし、真弓の勢いは学校の話題になるととたんにトーンが落ちた。六年生になってY子とクラスは分かれたものの、真弓の不安は消えることはなかった。やはり、学校にいけばY子の目がすごく気になるし、母親が学校の話題を出すだけで泣いてしまうこともあった。一方の母親も、ふだんは元気すぎるぐらいの子なだけに、いつしか真弓が落ちこむ話題は避けるようになっていた。

教室登校ができない間、真弓は登校時間をずらして別室(相談室)登校をしていた。そこでは物腰が柔らかで、穏やかなM先生が彼女の相手をして下さっていた。しかし、登校時の様子をきいたカウンセラーは今ひとつしっくりこないものがあった。M先生のおかげで別室登校は無理なくできるものの、そこでの彼女は「真弓らしくない」のだ。このままで果たして教室まで戻れるようになるのか・・。【後編へつづく】

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一
不登校・非行専門カウンセラー 小川和夫

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」