子ども不在の予約の取り方が、あたりまえの雰囲気|その他の診療科目

その他の診療科目
子ども不在の予約の取り方が、あたりまえの雰囲気

男の子(20才)がアトピー性皮膚炎に悩まされて、もう十年になる両親の面接をもった。息子は今は大学生になり下宿して一人暮らしである。先日母親のもとに手紙が届いた。それには「僕がこんなにアトピーに苦しんでいるすべての根源は、お母さんにあると思う」と、書いてあったという。

驚いたのは母親。そして話しを聞いた父親も「えー、そんなこと。あいつはいったいいまごろ何を言い出すんや」と。母親は小学生のころからアトピーに悩まされている息子のために、食材にも細心の注意を配っていた。お医者さんにもあちこちへ連れていった。アトピー関係の本も数冊買って研究をした。いくつかの要因が重なって、少しはましになったが全快とまではいかなかった。それ以後も良くなったり、またかゆくなったりで大学生となり巣立っていった。「なんとか一人でやっていってくれるだろう」と、少しは肩の荷をおろしたばかりであった。それが「母親が元凶だ」と言うのか。

相談を受けたセラピストは返事に困った。「うーん、もう十年もたってるんですか。息子さんは今別に暮らしておられるし。家族療法でどこまでお役にたてるか。まー、お話を聞かせていただきましょうか」。一時間半にわたる面接で、母親も父親もいかに息子のために心をくだき、気をつかい努力を重ねてきたかという話しがだされた。そして次回の面接予約をお取りする段になった。どうやら次回は息子も参加したいと言ってきたらしい。以下はそのときの様子である。

父親:息子が私たちのことをどう思っているか、次回の面接で言うてほしいですね。幸い参加すると言ってますので、よく聞いてやってください。

母親:今日、すべて申し上げました。胸のなかがすっきりいたしました。よろしくお願いしたいと思います。息子がこの手紙をくれたのも、私たち家族が向かい合って心から話し合うチャンスを与えてくれたと感謝しています。

セラピスト:で、いつにいたしましょうか?

母親:あいているお時間で結構でございます。

セラピスト:でも息子さんのご都合をまず聞いていただきませんと。

母親:きょうは「淀屋橋に行って話しを聞いてもらってくるから」と、言ってありますから。

セラピスト:でもですね、親が勝手に決めないでください。いちど息子さんにお聞きになってからのほうがいいでしょう。「こんな所やったけど、あんたも賛成してくれるか」と。

母親:本も見せましたし、大丈夫です。

父親:次回は息子一人でくるようにさせましょうか?

母親:そうやねお父さん。今日は私たちだけですから、次回は息子一人でええんとちがうかしら。

セラピスト:あのー、できたら親子三人ごいっしょのほうがいいんですが。ご家族のくせなどを早く読みとることができますから。お父さんが話されてるとき息子さんの表情とかしぐさなど。お母さんが話されるときはどうかとか。そんな観察が貴重なんです。

母親:なるほど、そうですか。それではおっしゃるとおりにさせていただきます。次回は息子も含め三人でまいります。あいた時間に予約をお願いいたします。

こういう流れで面接予約は来週の水曜日、二時と決まった。セラピストは(なんかおかしいぞ。この予約の取り方は。ていねいで柔らかいが、どうも息子が不在だ。一時が万事という言葉もあるが、いままで家庭でこんな調子で物事が進められてきたのかもしれない。これは貴重な解決へのデータになる)と、心のなかでつぶやいた。最後に「もう一度言いますが、息子さんのご都合を確認して、もしお悪ければすぐ変更の連絡をください」と、セラピストはつけ加えた。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

アトピー性皮膚炎

アトピーの子どもを持つ親たちは、本当に大変です。食べるとアトピーがひどくなる食品のリストを台所にはって食材を吟味しながら献立を作ります。薬物療法として使われるステロイドもよく効きますが、使い方を工夫しないといつまでもアトピーから脱出できないという事例をよく聞きます。皮膚科の領域とみなされていましたが、最近では心身症の一種とも考えられるようになり、心理的な面からの治療がクローズアップされるようになっています。

当センターでは、来所ケースのなかでアトピーが主訴というのはありませんが、不登校、不安神経症、親子の葛藤などのケースにアトピーの子どもがいます。しかし、ストレスがかかるとアトピーがひどくなるということが明らかになり、今後はアトピーだけの相談も増えそうです。思春期をむかえ、親の「掻くな」という指示に従えず、ボリボリかくことでよけいに悪化。薬をつけたつけないでまたけんか。夜がねむれない、勉強ができないなど、なにかにつけ親子の間がぎくしゃくする原因となりがちです。すると家庭内ストレスからまたアトピーが悪化するという悪循環になります。アトピーという問題を前に、子どもはどう対応能力をつけ今の自分から脱出していくか、また親も親としてさらに成長していくかが根本的な解決の鍵になります。

幼い頃のアトピーは大きくなるにつれ治っていくこともあるのですが、身体を鍛えておくことも予防の一つになるでしょう。家族療法の治療例からですが、アトピーになる子のタイプには二つあるように思えます。いろいろ思いを秘めているけれども、口に出して言えないおとないしいタイプの子。もう一つはワーッと主張するけれど、自分が爆発しているだけで相手を納得させられない子です。思春期をむかえてつまずかないよう、小さいころから心の中で思っていることを言える子、自分の意見を主張できる子、相手を納得させられることができる子になるよう、親子の会話をとおしてトレーニングしておくことが大切です。またアトピー向けの心理療法も最近効果をあげてきています。早い段階で心理の専門家にかかって適切な対応の仕方を学ぶことも、とても効果的です。

  1. 子ども不在の予約の取り方が、あたりまえの雰囲気
  2. 心理療法でアトピー性皮膚炎が治る
  3. アトピー性皮膚炎の相談で

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」