治療は闘いである―2「あなたも闘うんですよ」|所長・医師 福田俊一

所長・医師 福田俊一
治療は闘いである―2「あなたも闘うんですよ」

治療者とクライエント、両者の頑張りが良い結果を

藤田亜紀さん(仮名 28才 OL)が来所した。

職場の人間関係の行き詰まりで、うつ症状、不眠を訴えての来所であった。彼女との面接のなかで、いくつかの大切な点が感じられたのでまとめてみた。

1.今のあなたでは、一人で治療継続は難しい

カウンセラー:うつと不眠ですか。これだとお一人で来所するのはしんどいでしょう。だれか協力してくれる人はご家族にいませんか?お母さんとか。

亜紀:いることはいるんですが、一人で治したいんです。

カウンセラー:お一人でねー。続くかなー。一人だと予約時間がきても、なかなかしんどくて起きられなかったりするでしょう。とくにうつの方はおつらいでしょうから。

亜紀:はい、今日もなかなか起きられなかったんです。

カウンセラー:そうでしょう。30分遅刻ですよね。前回は無断でキャンセルだったし。今のあなたでは予約を入れられても来所することも大変なご様子ですよね。これでは、面接回数重ねても、良くなるのは難しいと思います。お母さんに「助けてちょうだい」と言って、援助を求めないと。

亜紀:うちの親は、子どもに無関心で。おそらく言ってもむだだと思うんです。

カウンセラー:「お母さん、私、こんなに苦しんでるの。助けて」と言ったら、心配しない親はいないと思いますがね。

亜紀:それじゃ、親といっしょに来ないとだめということですか?

カウンセラー:すべての人がそうだと言うんではないですが、その方が治りがいいですね。あなたの症状やご様子からすると、その方がずーと成果があがると思います。でもそれぞれの事情がおありでしょうから、相談には応じています。どうしても「一人で」と、言われるのなら、それなりの工夫と心構えが必要です。それをお話しましょう。

2.一人の治療で成果をあげるには、工夫と心構えを

(以下カウンセラーの話を項目ごとにまとめてみた)

予約時間に休まず遅れず行けるかどうか

予約しても一人だと遅れたり約束をすっぽかしたりしがちですが、そうならないよう何か工夫が必要です。せっかく良くなるチャンスをつぶしてしまわないように。「ピンチのときにはどうする」という具体的な対策を考えておくとよいでしょう。親に頼んで協力してもらうのも一つですね。それでも予約時間にどうしても外出できない時もあるでしょう。その時は電話をくだされば、こちらも対応を考えます。「電話カウンセリング」に切り替えるということもできますから。大事なことは「しんどいから、起きられないから無断キャンセル」とか「遅刻してもわかってもらえる」という、受け身の気もちにならないように、ということです。「なんとかしよう」という必死の気もちがこちらに伝われば、こちらも「なんとか治してあげよう」という意気込みがわいてきます。

継続できるための工夫が必要

心の症状は腹痛や頭痛のように薬をのんで「はい、治りました」というわけにはいかないことはおわかりでしょう。成果をみるまでに、時間がかかるんです。「三ヶ月たっても成果が見えなかったら、私は続ける気もちもがなくなるやろうな。そうならないためにどないしたらええやろ」といった工夫も大事ですね。それともう一つ継続していくためには自分の「弱点やくせ」を知っておくこと。「カウンセラーに嫌なこと言われたら、私はすぐ引っ込んでしまうにちがいない。そんなとき話せる人はいるかな。お母さんに聞いてもらおうか」などですね。

3.担当者に自分をよりよくわかってもらう努力を

日々の生活記録をつけて、担当者に送ろう

面接のまえに生活の記録をファックスで送ってくれると助かります。あなたの日常が手に取るようにわかりますので。落ち込んでしんどいときもあるでしょう。そんなとき書くのは無理ですから、お母さんに頼むとか。ふだんの何気ない様子は、とてもあなたを理解する上で役立つんです。それにあなたにあった適切なアドバイスも見つけやすくなります。こんな努力も面接が良い成果をあげるために、大事なことなんですよ。

4.治療は闘い、癒しの場とちがう

闘いつつ、癒されつつ成果を勝ち取りましょう

こういうことを言うのも、心の病の治療は一筋縄ではいかないことが多いからです。「癒される、ここに来て座ってたらなんとかしてもらえる」という受け身の気もちだけでは、決して成果をあげることができません。ここは癒される所と違います。最終的には癒されるんだけど、暖かく包み込んでくれるだけの所ではありません。「どうしたら楽になれるやろう、どうしたら治る糸口がみつかるやろう」という、道さがしの闘いみたいなもんです。受け身の気もちと態勢で治療に入ると、「淀へ行ったけど、なんも変わらなかった」ということになりかねないですよ。これでは不信感が一つ増えるだけ。苦しい状態でこられても、だんだんよくなっていかれて「やったー、よかった。これからも頑張りましょう」と、お互いが思えるようにしませんと。

淀屋橋のカウンセラー対談

この面接を振り返って淀屋橋の治療者三名(カウンセラーA、B、C)が話し合いました。

B:「治療は闘い、癒しの場とちがう」。ずいぶんズバッと言われましたね。

A:いや、この人の場合は、これくらい言わないとわかってもらえない気がしたからね。

C:遅刻や無断キャンスルされると、たしかにガクッときます。治療意欲が落ちるというか。そのためにもこうしたことを初めにはっきりさせておくというのはいいですね。

B:でも頑張れない人もいますよ。うつの人とか。非行や家庭内暴力のお母さんなんか。疲れ切っておられますよね。

A:そうやね。うつの人とか子どもの問題を抱えてる親ごさんらはしんどいやろな。そんな人にまで頑張れとは言えないな。いたわりの気もちでもって接することが大切や。

C:みればわかりますね。工夫や努力ができるのにしていない人や依存心いっぱいの人とかは。

B:私は来られる方はみな「なんとかお助けせんと」という気もちで接してしまうんとこあるな。依存心が強くて「先生、どないしたらいいんですか」と、質問しまくるお母さんもいはりますわ。それで動きとれんようになって、失敗したこともあるんです。

C:そうそう、私も経験あります。「忙しくて日記書けませんでした」ゆわはって、それ容認してたらもうずーと書いてきはらへん。やっぱり日常生活の様子がわからないと、いいアドバイスはだせませんから。一回認めると、軌道修正するのがたいへんです。

B:そら頑張って疲れはててはる方にまでむち打つようなことはしたらあきません。けどね「ここに来て座ってたらええんや。遅刻しても許してもらえる」ゆう人もいはります。ようなってもらおうと思ったら、それではいかんゆうことを、しっかりわかってもらわんと。

A:受け身で自分から頑張ろうとしない人は、治りが悪いですね。カウンセラーは道案内なんや。複雑な問題の山に入り込んで、道に迷ってしまった人の道案内をする役目や。そやから山登りは本人たちが一歩一歩歩いてしてもらわんとあかん。「治った。よかったね」ゆう頂上にたどり着くには、治療者とクライエント本人、そして家族が力をあわせて一丸となって取り組むところから可能になるものやから。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
福田 俊一(所長、精神科医)

所長の一言

  1. 4月になって
  2. カウンセリングに来所して頂いている皆様へ
  3. 摂食障害・拒食症の相談症例比較 危機的な低体重
  4. 小学生の強迫性障害(強迫神経症)カウンセリング
  5. 冬季オリンピックと、不登校、摂食障害(過食症拒食症)、うつ、ひきこもりのカウンセリング治療
  6. 新学期は不登校が解決するタイミングの一つです
  7. 摂食障害(過食症)の治る道筋
  8. ここが解決できれば多くの人が救われる(家庭内暴力・ひきこもり等)
  9. 年末のご挨拶
  10. 新入社員の親御さん
  11. カウンセリングの現場から 朝の治療会議
  12. 大学生の不登校ひきこもり相談
  13. 2012年を振り返って
  14. 引越しがきっかけのひきこもり
  15. 摂食障害過食症になったきっかけ
  16. 年末のご挨拶(2011年)
  17. 星和書店よりリストカット解決の為の本が出版予定
  18. 星和書店よリストカットの本を出版予定
  19. リストカットのカウンセリング治療本
  20. 男性の摂食障害(過食症・拒食症)相談が急増
  21. 年末のご挨拶
  22. 摂食障害(過食症・拒食症)の新しい本がミネルヴァ書房から出版されます
  23. 摂食障害(過食症・拒食症)とリストカットの本出版に向けて大詰め作業
  24. サッカーワールドカップとカウンセリング
  25. 謹賀新年
  26. うつの治療
  27. 最近の傾向【その4】リストカットの相談
  28. 最近の傾向【その3】摂食障害(過食症・拒食症)の相談
  29. 最近の傾向【その2】不登校の相談
  30. 最近の傾向【その1】地域別来所者
  31. 悩んでいる本人をカウンセリングに連れて来る事ができなくても何とかなりますよ
  32. 心療内科の先生からの紹介で
  33. 年末のごあいさつ
  34. うつの人が回復し前以上に輝いた
  35. 学校からのFAX
  36. 「不安の中で慌てず、安心の中で忘れず」カウンセリングを続けた時に・・・
  37. 新年のご挨拶
  38. 淀屋橋心理療法センターの役割
  39. うつの治療
  40. うつ・休職の相談
  41. リストカット(自傷行為)の治療
  42. 最後にぐんぐんのびるのびる
  43. 不登校のカウンセリングとアトピー性皮膚炎
  44. 新年のごあいさつ
  45. エコロジーとカウンセリング
  46. いじめとカウンセリング
  47. 今年の年賀状
  48. 困難なケースが好転、母親の言葉に安堵感がにじみでて
  49. 電話受付スタッフについて
  50. 最近困った現象がおきています。
  51. 付属クリニック設立予定
  52. HPリニューアル
  53. 来所されている方へ:予約をしっかりとって下さい
  54. 「おはようパーソナリティ道上洋三です」に出演
  55. 治療の勢いは、良くなってきた時こそが勝負。晴れ間の洗濯を
  56. 所長、自らが治療の先頭に立って。ピカイチの治療スタッフ
  57. 治療は闘いである―2「あなたも闘うんですよ」
  58. どうしても一人で治したい。でも...
  59. 淀屋橋の家族療法エコロジカル・アプローチ」その(2)家族をどう見る
  60. 人材募集について
  61. このホームページは・・
  62. 淀屋橋の家族療法エコロジカル・アプローチ」その(1) 症状に有効な最高の治療法
  63. カウンセリングを掛け持ちするメリット&デメリット
  64. 万策つきたとき、あなたならどうします?[親編]
  65. 治療は闘いである―1「必ず勝つ」という意気込みで

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」