過食、うつ、強迫神経症の相談で「建設的な対応」|所長・医師 福田俊一

所長・医師 福田俊一
過食、うつ、強迫神経症の相談で「建設的な対応」

過食うつ強迫神経症の娘さんの事で事前相談に来られたお母さんの感想です。

「娘にふりまわされている。○○が食べたいと言うと探し回り、家のトイレを使うなと言われ近所のスーパーや公園のトイレを使っている。家の中の物は少しでも位置が違うとパニックになるので、細心の注意を払い使わないといけない。

娘を苛つかせないよう毎日必死です。子供を助ける為ならどんな苦労でも出来ますが、今は娘を荒れさせないよう、その場しのぎを重ねているだけで何の進歩も無いから、それがとてもむなしい 

同じ努力をするなら娘が良くなるために何かをしてあげたい。でもどうしたら良いのかがわからなかった。今日先生のお話を聞いて建設的に進められると思いました。」

過食、うつ、強迫神経症の相談で「建設的な対応」。

この感想を聞いて、こういうお母さんと一緒に治療していくのはやりがいがあるなと思いました。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
福田 俊一(所長、精神科医)

カウンセリング中のちょっといい話

淀屋橋心理療法センターに持ち込まれる相談は、それぞれ本人や家族の方がとても悩んでおられることばかりです。にっちもさっちもいかないこと、不信感、不安、焦り、言い出したらきりがありません。

カウンセリングがスタートした頃には明るい材料は見当たりませんが、しかし、その中でコツコツと努力してもらっていると、いろいろ良い変化が起こってきたり、ちょっと良い話もあります。

そういうものを少しずつ書いていきたいと思います。

  1. 不登校だった子が高校に合格した
  2. 高2で不登校のM君
  3. 事前相談で
  4. 会社のストレス相談
  5. 過食、うつ、強迫神経症の相談で「建設的な対応」
  6. 過食症の相談で「『駄目親』でいいんです」
  7. 摂食障害の相談で「嬉しい手紙が届きました」

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」