しぐさで子どもの心がわかる本|本・書籍

本・書籍
しぐさで子どもの心がわかる本

しぐさで子供の心がわかる本

  • しぐさで子どもの心がわかる本
  • 福田俊一 精神科医・所長
    増井昌美 家族問題研究室長
  • PHP研究所
  • 1200円(税別)
  • 2004年12月17日
  • 購入のお問い合わせは 普及グループ 075-681-8818

内容紹介

PHP研究所から出版された「しぐさで子どもの心がわかる本」(2004年12月)が、4月のはじめには5刷に,また先日(2005.07.11)には7冊に入ったという知らせが届きました。

この本を読んでくださった他の出版社の編集部からも、同じような内容の特集を組みたいという申し入れもいただきました。書き手としては、たいへん嬉しいことです。ここで今いちどこの本について内容をまとめてお知らせしたいと思います。

第1部 子どもの心は「しぐさ」にあらわれる

  1. 子どもが出す「しぐさ」とは
  2. 子どもの「しぐさ」には二種類ある
    見落とされやすい子どもの「しぐさ」

  3. 子どもを知る大切さ
  4. いつものしぐさ、話し方のパターンを知っていますか?
    子どもの全体像を知る
    小さな良い変化に気づいていますか
    夫婦で情報を共有する大切さ

  5. 「しぐさ」を出しやすい親子関係
  6. 「しぐさ」は子どもを知る手がかり
    子どもが「しぐさ」を出しやすい親子関係に

第2部 こんな「しぐさ」をしていませんか?

  1. やたらと「甘える」
  2. 自分からやろうとしない
  3. 反抗的な態度をとる
  4. 友達に乱暴なことをする
  5. やたらと手を洗う
  6. 目をパチパチさせる
  7. 友達の輪に入っていけない
  8. 登校時になると不調を訴える
  9. 体の不調を訴える
  10. 学校の話を嫌がる
  11. 癇癪が強い
  12. 自分から話そうとしない
  13. 集中力がない
  14. あまり食事をとらない
  15. やたらと母親に体をくっつけてくる
  16. おもらし、おねしょ
  17. もじもじして言えない
  18. 指しゃぶりをする
  19. 自分の物を人に貸せない
  20. 髪の毛をいじる
  21. 足を交差させてもじもじしている
  22. 友だちの言いなりになっている
  23. 集団のルールを守れない
  24. 人と視線を合わそうとしない
  25. 自分を傷つける
  26. 落ち着きがない
  27. いつも友だちとつるんでいる
  28. 動作がのろい
  29. 朝の動作や用意が遅い
  30. 朝起こすと機嫌が悪い
  31. あいさつができない
  32. どもることが多くなった
  33. 一人でできない
  34. 寝付きが悪い
  35. 用心深い、失敗をこわがる
  36. 何をやっても不器用で時間がかかる
  37. 「先生なんか嫌い」と言ってふさぎこむ
  38. ぬいぐるみをよく抱きしめる
  39. 無表情になってきた
  40. 親の顔をちらちらと見る

詳しい内容をお読みになりたい方は、ぜひ本を購入してゆっくりとお読みください。尚この本は書店ではお求めできません。PHPの普及グループへご一報下さい。(075-681-8818)

「心身医学」(05.vol.45.no.7)に、「しぐさで子どもの心がわかる本」(PHP)の書評が掲載

淀屋橋心理療法センターの本「しぐさで子どもの心がわかる本」(PHP)の書評が掲載されました。日本心身医学会がだしている学会誌である「心身医学」(Japanese Journal of Psychosomatic Medicine)の7月号です。

お書きくださったのは、ある産婦人科の名誉院長であるN先生です。簡単ではありますが、先生の書評を抜粋させていただきます。

『・・・大人にはよくわからない「しぐさ」のあること、それを理解するには一日の生活のなかで子どもとゆっくり向き合う「ゆとり」があまりにむ少なく、むしろその忙しさにより叱りつけたり、聞き出したり、放っておいたりで、まったく「しぐさ」をつかみ、理解するに到らないことが多いことを指摘しています。』

『本書は「しぐさ」をテーマにその内容の深さを知るのには格好の参考書であり、親、とりわけ母親、また多くの大人たち、児童精神科医、子どもの心身医学医、そして一般の小児科医にとっても子どもと対応する場合の術を学ぶことができ、また、少しでも多くの時間を費やして、子どもの「しぐさ」を理解することの重要性を示唆している好著と言えます。』

このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

出版物の御案内

淀屋橋心理療法センターの出版物および一部執筆した書籍等の紹介です。

  1. しぐさでわかる心の病気
  2. 過食症と拒食症 - 危機脱出の処方箋
  3. 別冊PHP 子どもとお母さんのこころの健康百科
  4. 家族の心理療法
  5. 家族療法の面接室から
  6. 家族療法(文庫)
  7. 職場のストレス・マネジメント
  8. 過食・拒食の家族療法
  9. 抗不安薬と睡眠薬の使い方
  10. 新世紀の精神科治療 第10巻-慢性化防止治療的働きかけ
  11. よくばり保健ライフ 第三集
  12. しぐさで子どもの心がわかる本
  13. 克服できる過食症・拒食症 こじれて長期化した過食症・拒食症でも治る道はある
  14. 毎日ライフ 子どもの心が見えていますか
  15. からだの科学 心身症のすべて
  16. 学校保健ニュース 保健教材ニュース~付録
  17. ポプラディア サムズ vol.1 意外と知らないうちの子のレベル
  18. チーム医療としての摂食障害診療―新たな連携を求めて
  19. ちょっと気になる子どもの行動 心の声に気づいて!
  20. 日経Kids+[キッズプラス]7月号
  21. 別冊PHP「子どもの心」がわかる親、つかめない親
  22. AREA '01.3.15
  23. 児童心理2010年4月号
  24. PHPのびのび子育て
  25. 母と子で克服できる摂食障害―過食症・拒食症からの解放
  26. PHPのびのび子育て2011年7月増刊号
  27. 克服できるリストカット症候群
  28. edu 2012年6月号
  29. PHPのびのび子育て Special Edition
  30. 笑顔 2014年9月号
  31. 美ST 2014年11月号
  32. 笑顔 2015年9月号

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


新書籍発売「克服できるリストカット症候群」