更新情報

更新情報
2018年2月 20日

スタッフのつぶやきに「兄弟関係」を追加いたしました。不登校、摂食障害、うつ、ひきこもりで相談にこられた時、問題と思われる行動のお子さんを治療していて、よくなっていくと別のご兄弟が今までと違った行動を起こす場合があります。「せっかく上の子が良くなってきたのに、次は下の子なの?」淀屋橋心理療法センターでは、家族全体をみて考えます。そういうような場合でも対処を考えて、より良いプランをたてているのです。

2018年2月 18日

精神科医日記に「親子の不和」を追加いたしました。「分かり合えないことを分かり合えた」。A君は親子の不和を変わった形で解決しました。人生の話など突っ込んだ話はおやじとは無理と言いながら、大好きな野球の話で彼は父と盛り上がって絶好調です。彼はあるとき大きく変わり、上記の発言に至ったのです。

2018年2月 18日

スタッフのつぶやきに「子育ての悩み:人に指示(指図)されるのがとても嫌いな子」を追加いたしました。育てにくい子の中には、「人に指示されるのをとても嫌がる」タイプの子が多くいます。「人に指図されたくない」少し個性の強いお子さんを自主的に動ける子に育てるには、一般的な躾けるという手法から少し角度を変えた子育ての方が有効だと日々感じています。

2018年2月 15日

スタッフのつぶやきに「子どものゲーム依存・ネット依存・スマホ依存と不登校」を追加いたしました。子どもさんのスマホ依存ネット依存ゲーム依存を心配されている親御さんは多いと思います。淀屋橋心理療法センターでは「ゲームを止めるにはどうすればよいか」というアドバイスも出しますし、ゲームを止めさせるのが難しい場合は「ゲームを通して親子のコミュニケーションを深めるためにはどうすれば良いか」をアドバイスする事もあります。

2018年2月 13日

精神科医日記に「迷路から脱出するお手伝い」を追加いたしました。今年の希望は、やる気に満ちた親御さんとお会いして、子どもさんを力づけるチームをつくり、的確で素早いアドバイスにより、息子さん、娘さんが見違えるように元気になり、意見に自信をもち、困難を乗り越えられる力を発揮するように方向付けをし背中を押す。淀屋橋心理療法センターは、日本で初めての家族療法専門機関として、独自の努力、工夫を積み重ねて今に至ります。どこにもないパワフルな治療にさらに磨きをかけていきたいと思います。

2018年2月9日

スタッフのつぶやきに「突然、娘・息子が甘えてくるようになった」を追加いたしました。今迄甘えて来なかったお子さんが、突然甘えるようになってきたというお話を聞くことがよくあります。大きくなってから突然甘えてくるようになると心配される親御さんは少なくありませんが、我々、淀屋橋心理療法センターのカウンセラーは、甘え上手でなかったお子さんが心を開きかけて来たこのチャンスを逃したくはないのです。

2018年2月6日

スタッフのつぶやきに「節目」を追加いたしました。入試が終わりにさしかかり、4月に向けて今後どの進路にきめるかの大きな節目の時期にさしかかるところでしょう。淀屋橋心理療法センターでは、新しい環境にすすまれたお子さんが、のびのびとしていって貰える様に、親御さんとしてどう対応したら良いのかを、お子さんの特徴をみながらカウンセリングの中でアドバイスしていきます。

2018年2月2日

スタッフのつぶやきに「お子さんの成長を共に喜ぶ:親御さんのパートナーとして」を追加いたしました。親御さんのどちらかお一人だけがお子さんの不登校・ひきこもり・家庭内暴力等で専門家に相談されていて、孤独と不満を感じておられるケースがよくあります。我々カウンセラーが心の支えになろうとするのはもちろんですが、お子さんの成長(喜び)をカウンセラーと共有できることが大きな励みになっているようです。我々は、お子さんの成長を共に喜ぶ「パートナー」でもありたいと思っています。

2018年2月1日

スタッフのつぶやきに「家族療法カウンセリングの可能性」を追加いたしました。家族療法カウンセリングを行っている専門機関が増えてきました。家族が持っているエネルギーは強烈で、ものすごい力を発揮します。淀屋橋心理療法センターの家族カウンセリングを受け、家族の関わり方を工夫する事で本人が変わっていく事を体験された親御さんは「まさかうちの子どもがこんな事を言い出すなんて」と子どもさんの成長にビックリされます。一人でも多くの人にそんな体験をしてほしいなと思います。

2018年1月 27日

精神科医日記に「社交不安障害・対人緊張について」を追加いたしました。対人緊張の現在の治療の多くは社交不安障害として認知療法的な治療が多くなっているように思います。対人緊張の人達は、なぜか気まずい雰囲気を人との間に作ってしまい、その雰囲気に苦しみます。このような人との相互関係の中で起こる部分を変えるもう少し別のアプローチも必要ではないかと私は思います。

2018年1月 26日

スタッフのつぶやきに「お待ちしています」を追加いたしました。今週は、大寒波です。そんな中でも来所されるクライアントさんには、頭の下がる思いがします。カウンセリングを受けられた親御さんに、子どもさんのサポートをされるパワーがつきますように、暖かいお部屋と、美味しいお茶を準備しておまちしています。

2018年1月 25日

スタッフのつぶやきに「家では元気な不登校の子どもにイライラしてしまう」を追加いたしました。不登校のお子さんが家ではとても元気だと「ただ怠けているだけなのでは?」とイライラされている親御さんは少なくありません。ところが、親御さんがカウンセリングに通い出すと、お子さんの様子を以前よりも意識して見るようになり、お子さんの今迄見えなかった面が見えてくることがあり、それに親御さんが気づき始めると、不登校解決の歯車が動き始めることが多いのです。

2018年1月 23日

スタッフのつぶやきに「不登校・摂食障害からひきこもりに:病院に行くのを嫌がる子」を追加いたしました。不登校や過食症(摂食障害)でひきこもるお子さんの親御さんとしては、医師やカウンセラーなど専門家の所へ連れて行きたいけれども、本人が行きたがらず困り果てているケースは珍しくありません。淀屋橋心理療法センターでは、ご本人が来所を希望されない場合にお越し頂く必要はありません。親御さんに対応のアドバイスをするだけでグングン変わる方がとても多いのです。

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」