2.父親の家事協力が、母親を勇気づけて|ひきこもり カウンセリング治療専門外来 ニート(NEET)

ひきこもり カウンセリング治療専門外来 ニート(NEET)
2.父親の家事協力が、母親を勇気づけて

「あれせー、これせー」でくたくたの母親

美雪の目がさめるのは、お昼近くが多い。起きたらすぐに母親を呼ぶ。「おーい、おかあさーん、朝ごはんもってきて」。まるで当たり前のようにお盆を受け取り、一人で食べる。一度母親が「食べるもんくらい、自分で運んでくれへんか」と言ったら、「なに文句あんの。こんなもんいらんわ!」と、お盆ごとひっくり返してしまった。それ以来母親は怖くてなにも言えない。食器は食べ終わったら、戸の外にだしてある。

「ちょっときてよ」と声がかかる。一階にいる母親は、その度ごとに、階段を大急ぎで駆け上がる。「なんや」と言ってしばらく待っていると、戸が中からあく。「これ、これ買ってきて」と、必要な物を書き出したメモがわたされる。「えーっと、化粧水、ナイトクリーム、レポート用紙。こんでええんやね。急ぐん?」「当たり前やないか。今日中やで」「はい、わかりました」といった会話が交わされている。

そんな細かな美雪との会話や生活の様子をメモしながら、カウンセラーは考えた。「母親を召使いのようにこきつかっているな。どうすればこの関係を改善する糸口がみつかるだろうか。その前に母親の休憩が必要だ。これでは心も体ももたないにちがいない。カウンセラーは「お母さん、息抜きの工夫はされてますか?」と、聞いてみた。母親は「先生、ようゆうてくれはりました。もうくたくたなんです。でもなんともなりません」と、母親はつらそうに答える。これでは面接の効果が期待できないばかりか、じっさい課題をだしても家でやってくるだけの余裕はないだろう。

会話のなかから好転のヒントをさがす

やはりあった。つぶさに生活の様子を追っていくことで、美雪と母親との会話は交わされていた。あまりにも母親を非難することばかりなので、思い出すのもいやだったのだろう。次にその一部を書き出してみた。

母親:美雪ちゃん、ごはんもってきたよ。あけていい?

美雪:あかん、待って。私があけるから。なんや、これだけ。ろくなものないな。もっと私のすきなおかずつくってーや。

母親:あ、ごめん。でもおいしいゆうて、みんな食べてくれたで。

美雪:お兄ちゃんがやろ。私のことなんかどうでもええんやろ。お兄ちゃんさえよかったら。

母親:そんなことない。あんたのこと・・・・

美雪:うるさい。私の人生だいなしにしてしもて。これからどないしてくれるねん。

母親:そんなことゆうたかて。これからのことは、ゆっくりいっしょに考えよう。

美雪:なにを考えんねん。もう考えるのしんどいわ。(ピシャと、戸をしめる)

「いつもこんな感じですか。美雪さんのごようすは」。「はー、これでもようしゃべってるほうです。なー、あんた」と,母親は父親に同意を求める。「そうですねん。いつもやったら『そこに置いといて。ピシャ!』と、戸しめて終わりですわ。ほんまにこれ(母親)にはきつう当たります」と、父親は言う。

どこかに糸口はないだろうか。カウンセラーは提出された記録のなかから、何かないかと目をさらのようにして探し回った。美雪と母親の間が好転して、もうすこし雑談がかわされる関係にもっていくヒントが。「あ、あった!ひょっとしてこれを繰り返せばうまくいくかも」という部分がみつかった。

父親の家事協力で母親に休みを

カウンセラーは父親に協力を申し出た。「いいヒントがみつかりました。しかしこのままではお母さんが、疲れで倒れてしまわれるでしょう。ヒントを実行に移す前に、どうすればお母さんに休養をとっていただけるか、話し合ってください」と、課題を与えた。やく15分ほどカウンセラーは面接室を離れた。その間、両親は作戦を練れたであろうか。

「さあ、どうですか。いい対策はでてきましたか」と語りかけると、父親が説明を始めた。「先生、私が直接美雪になんかするゆうんは、無理ですねん。あいつ、私の顔みたら避けて近寄りもしませんねん。そいで家事を手伝おうかと思うんですけど」。父親は食事のあとのテーブルの片づけやお茶碗あらいの役をひきうけることにした。それと土日の洗濯物をすることと。仕事の帰りにマーケットでキャベツやじゃがいもなど重い物は、父親に頼んで買ってもらうことなどが決められた。

「助かります。お父さんがこれだけ家事に協力してくれはったら。それに美雪のことも、私一人で頑張ってるんやない。この人も一緒にやってくれてるんやと思うと、元気がわいてきますわ」と、母親はうれしそうだ。

これで母親の時間的、体力的なよゆうが少しは確保できた。これから本題の美雪への効果的な働きかけに入っていく。「やっぱりあきませんでした」ということになっては、取り返しがつかない。ほんのわずかな好転への望みをかけているのだから、なんとしても成功させたい。環境設定がようやく整えられた。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
福田 俊一(所長、精神科医)
増井 昌美(家族問題研究室長)

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」