1.家の中でできる好きなこと、やれることで自信をつけよう|ひきこもり カウンセリング治療専門外来 ニート(NEET)

ひきこもり カウンセリング治療専門外来 ニート(NEET)
1.家の中でできる好きなこと、やれることで自信をつけよう

ひきこもり二年の美子が話し始めた

美子は高校時代から不登校ぎみで、卒業をまたずにひきこもってしまった。先生の配慮で「卒業証書」はもらえたが、卒業式には参加できなかった。あれからずーとひきこもりの生活が。今二十歳だからもう二年になる。

カウンセリングにやってきたのは、一年前。はじめは母親だけの参加。三ヶ月たったころ急に「私も行きたい」と言い出して、母親と二人で、時には父親と三人で面接に参加した。

「美子さんが好きな食べ物はなんですか?」「・・・・」

「毎日家で何をして過ごしていますか?」「・・テレビ見て」

「この絵のなかで一番好きな物を三つあげてみて」「えーっと、うーん、どれかなー」

こんな感じで面接はすすめられた。美子は語りかけてもだまってうつむくか、単語で答えるくらいだった。変わりだしたのは、半年ほどたったころから。家でやっているレース編みの材料をもってきて、カウンセラーに編み方を教えるという役割をとりだしたことがきっかけだった。母親の顔をなんども振り返りながらだったが、少しづつ自信をもって教えられるようになった。「中学生のときにね、お母さんに教えてもらったの。覚えてよかった」と、美子はつぶやいた。

これをヒントに「美子が母親から教わりたい物」探しがはじまった。まずはお料理。「大好きなオムレツが作れるようになりたい」と、美子の希望でさっそく家でにわか料理教室がスタートした。

ひきこもり二年の美子がオムレツをつくった

「きのうはね、お母さんとオムレツつくったの。私が玉子といて、お母さんはタマネギきざんで。楽しかった」と、美子は面接がはじまるとすぐに話し始めた。生き生きした表情で、声も大きい。横で聞いているお母さんもうなずきながら、うれしそうだった。「おいしかったよ。ね、おかあさん」と、笑顔で振り返る。

「そう、オムレツね。なにがおいしい秘訣ですか?」「玉子は何個使えばいいのかな」と、カウンセラーも話が展開するような質問を投げかけていく。美子は紙に絵を描きながら説明してくれる。「あのね、玉子はね、三個つかって。よくまぜるのがこつなんです。なめらかにって、お母さんいつも言ってます」「それとオムレツの具を細かくみじん切りにするんです。細かいほうが舌触りがいいから、おいしく感じられるんです」。

好きなこと、やれることから自信をつけて

好きなことならどんどん話せる。自分がやったことなら自信をもって教えられる。そしてしっかりと聞いてくれる人がいる。この三拍子そろった体験が、美子を少しづつ変えていった。

自室で過ごすことが多かった一日だが、いつのまにか食事は家族と食べだした。お風呂の掃除も進んでやりだしたし。そして長い間の懸案事項だった「歯医者」へ、自分で行くことができた。

大きなことは後回し。家の中の小さなすぐにでもできることからスタート。できれば母親や父親といっしょにできることがいいだろう。まずはやりたいこと、好きなことから始めていくのがいいだろう。「できた」という体験がつみかさなれば、それが自信につながっていく。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
福田 俊一(所長、精神科医)
増井 昌美(家族問題研究室長)

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」