5.就職でのつまづきを、親に問いつめられて自室にこもってしまった勇樹(27才)|ひきこもり カウンセリング治療専門外来 ニート(NEET)

ひきこもり カウンセリング治療専門外来 ニート(NEET)
5.就職でのつまづきを、親に問いつめられて自室にこもってしまった勇樹(27才)

大学をやっと卒業。しかしその後部屋の戸を閉めたまま

勇樹(27才)が「大学でたんやから、ちょっと好きにさして」と、言ってきたのが5年前。「え、大学でたらどっかへ就職して働くんがあたりまえやで」と、母親は言った。父親も「なにゆうとんや。学費だしてしんどい思いしたんはこっちやないか。働いて食費くらい入れて当然や。それが人の道ゆうもんや」と怒りをあらわに。勇樹は言い返しもせずだまって聞いていた。

その後勇樹が学生課の就職さがしの部屋に出入りしているらしいことがわかって両親は一応ホッとしていた。商社やメーカーなど3つほど受けたようだ。一次の筆記試験は合格するが、二次三次の面接でひっかかった。「もうすこし元気よく返事ができませんか」「遅刻や欠勤せずにこれますか」といった、きわめて初歩段階の質問にすらテキパキと答えられなかったようだ。帰ってきてから両親にぽつぽつ話す様子から察せられたことだが。「そんなことくらいきちっと答えられんでどないすんの。あんたなんぼになってると思ってんの」と母親。続いて「ほんまになさけない話しやないか」と父親。

面接室で母親は担当セラピストにいままでのあらましを話した。就職をめぐって落ち込んだ勇樹とイライラした両親のやりとりがあって、勇樹は自分の部屋の戸を閉めたままになった。食事もいままでは下で家族といっしょに食べていたのが、いつのまにか自室に持っていって一人で食べるようになってしまった。それでも母親には「お母さん、クッキー買ってきて」とか「あしたの夕ご飯は天麩羅にしてくれる?」と、甘えてもきていた。「なんでかわからへんのですけど、それも私に言わんようになって。今はできたもんを食べるし、いるもんは自分でコンビニに買いにでるようにしてますわ」と、母親は話した。

「それでは今親子の会話は、どんなふうに?」とセラピストは聞いた。「まったくありませんねん。必要なことは紙に書いておいてありますわ。それ買うてきて、またおいとくんです。いつの間にかなくなってますさかい、部屋へもっていったんやな。そいで終わりです」

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
福田 俊一(所長、精神科医)
増井 昌美(家族問題研究室長)

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」