1.母親との会話にリズムがでてきたら変化のきざし(24才 ひきこもり4年・男)|ひきこもり カウンセリング治療専門外来 ニート(NEET)

ひきこもり カウンセリング治療専門外来 ニート(NEET)
1.母親との会話にリズムがでてきたら変化のきざし(24才 ひきこもり4年・男)

お母さんとの掛け合いがリズミカルに

健司(24才)は、ほとんど自室にこもったままで一日を過ごす。こんなひきこもり生活がもう四年になる。食事も家族とは食べない。すきなときにラーメンを作ったりしている。テレビを見たりマンガを読んだり。部屋のカーテンも閉め切ったままでいつも暗い感じだ。布団は引きっぱなし、食べた後の袋とか食べカスがばらばらと畳の上にこぼれている。なんだか話すのも気が滅入るような健司の毎日である。

父親がたまりかねて「いつまでこんな生活を送ってるんや。ええかげんに学校に行かんと、どないするんや。せっかく入った大学やのに」と言い出したのが三年前。健司は一言も返事をせず、うつむいたまま動かなかった。そのときはまだ一緒に食事はしていたし、居間でテレビもみていた。「大学このままやと、授業料だけは払い続けなあかんのやで。休学するか、退学するか、行くんか、自分でよう考えてみてな」と、母親はやさしく語りかけた。その後「大学やめとうない」と、母親に伝えたが、登校はしなかった。怒った父親は「授業料なんか払うな。ほっとけ」」と、本人の承諾なく支払いをストップしたしまった。その後退学となったのか除籍となったのか、とにかく健司は気がついたら大学での場所を失っていたのだ。それからずーと自室にカーテンを閉めて閉じこもったままである。

かなり長期にわたる重症のひきこもりケースである。いったいそのとっかかりはどこにあるのだろうか。今では父親も「私が勝手にやったのがいかんかったですな」と反省し、治療には前向きである。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
福田 俊一(所長、精神科医)
増井 昌美(家族問題研究室長)

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」