所長の福田がゲーム依存に関して取材を受けました(大阪保険医新聞)

所長の福田がゲーム依存に関して取材を受け、大阪保険医新聞(2020年5月5日・15日合併号)に記事が掲載されました。

記事の中で福田は、ゲーム依存者を絶対に孤立させてはいけない。家族との間でゲームの話題でも構わないから、雑談ができる関係性を築く重要性を伝えています。

また、親が決めた時間を守らず、1日中ゲームをしたり、決めたルールを守らせようとすると荒れるゲーム依存重症者の多くは「執着するエネルギー」を持っていて、このエネルギーは「頑張るエネルギー」でもあると言っています。

当センターでは、親子の雑談を通じて、お子さんの視野を広げ、この「頑張るエネルギー」をゲーム以外のことにも向けるお手伝いをしております。ゲーム•スマホ依存の状態にあるお子さんと、まず雑談が十分にできる関係性を築く。このできそうで、意外と難しいことができるよう、親御さんに具体的なアドバイスを差し上げております。お子さんご本人の来所は必要ありません。

お子さんが本当に興味のあることを見つけて、「頑張るエネルギー」を注ぎ始めると、表情がイキイキとしてきます。家族に対する態度も柔らかくなり、ご家庭の雰囲気が良くなっていきます。

大阪保険医新聞(2020年5月5日・15日合併号)

2020.05.30  著者:福田俊介

シリーズ記事

シリーズ記事は見つかりませんでした。

関連記事

2014.05.14

ネット依存(ゲーム依存)で相談に来られたお母さんのお話です。

息子のJ君(高校一年)は思春期になり次第に口数も少なくなり学校から帰ると部屋にひきこもりスマホでオンラインゲームに夢中だそうです。食事時間も惜しいようでかき込むように流し入れ食事が終わるとまた部屋にひきこもりゲームの続き […]

2018.09.10

インベーダーゲーム40周年 ネットの普及とゲーム依存

インベーダーゲームが今年40周年だそうです。お父さんお母さん世代の中にも夢中になった人がいるかもしれません。インターネットが普及した今のオンラインゲームと比べると、素朴なゲームに感じますが、その時は最先端でした。当時、ゲ […]

2020.09.29

ゲーム・スマホ依存「お母さん、みてみて」

ゲーム・スマホ依存の中学生の男の子 学校には行かず、ますますゲームの世界に深く入っています。親御さんとの会話はめっきりと減ってしまいました。話しかけても返事すら返ってきません。食事中もスマホで動画鑑賞。最近は食事におりて […]

記事一覧へ