所長の福田がゲーム依存に関して取材を受けました(大阪保険医新聞)

所長の福田がゲーム依存に関して取材を受け、大阪保険医新聞(2020年5月5日・15日合併号)に記事が掲載されました。

記事の中で福田は、ゲーム依存者を絶対に孤立させてはいけない。家族との間でゲームの話題でも構わないから、雑談ができる関係性を築く重要性を伝えています。

また、親が決めた時間を守らず、1日中ゲームをしたり、決めたルールを守らせようとすると荒れるゲーム依存重症者の多くは「執着するエネルギー」を持っていて、このエネルギーは「頑張るエネルギー」でもあると言っています。

当センターでは、親子の雑談を通じて、お子さんの視野を広げ、この「頑張るエネルギー」をゲーム以外のことにも向けるお手伝いをしております。ゲーム•スマホ依存の状態にあるお子さんと、まず雑談が十分にできる関係性を築く。このできそうで、意外と難しいことができるよう、親御さんに具体的なアドバイスを差し上げております。お子さんご本人の来所は必要ありません。

お子さんが本当に興味のあることを見つけて、「頑張るエネルギー」を注ぎ始めると、表情がイキイキとしてきます。家族に対する態度も柔らかくなり、ご家庭の雰囲気が良くなっていきます。

大阪保険医新聞(2020年5月5日・15日合併号)

2020.05.30  著者:福田俊介

シリーズ記事

シリーズ記事は見つかりませんでした。

関連記事

2014.06.19

ゲーム依存 リビングでPC

不登校で家にいる中学2年のG君はリビングのPCでずっとオンラインゲームをしているそうです。当然どうしても目に入るし「わー」とか「やった!」とかうるさいし、G君の方もお母さんがいるときは「ねぇお茶入れて」「そこのお菓子とっ […]

2018.06.12

ネットゲーム依存症が病気認定 オンラインゲームにはまる

「世界保健機関(WHO)は今年2018年6月に公表した疾病分類の改定案で、ゲーム依存症を【ゲーム障害】として疾患名に入れる」という発表がありました。ネット依存症のうち最も多いのはオンラインゲームへの依存だそうです。私はオ […]

2014.07.08

夏休みのゲーム依存の相談で 2

今は学期末の懇談や進路説明会などの時期で親御さんもお忙しいことだと思います。受験生にとっては夏休みは天王山。塾の夏期講習で勉強漬けの方も多いのではないでしょうか。 高校受験を控えているG君の親御さんの相談です。毎日塾に行 […]

記事一覧へ