淀屋橋の家族療法エコロジカル・アプローチ」その(1) 症状に有効な最高の治療法

最近エコロジカルという言葉がずいぶん使われるようになった。環境にやさしい、地球上の自然を大切に、生活に根ざしたという意味でつかわれている。当センターで治療の中心となるエコロジカル・アプローチも「生活のできごとを治療の原点にする」ので、同じような意味あいをもつ。

不登校やいじめひきこもり家庭内暴力など子どもが中心の問題はもとより、うつ病過食症不安神経症、などさまざまな症状の人たちが当センターの扉をたたく。病の表れ方は違うが、誰もに共通することが二つある。それは家族がいるということと、生活を送っているということ。「そんなあたりまえじゃないですか」と、笑われそうだが、この二つこそがさまざまな症状の原因ともなり、治癒への道のりの源泉ともなるのである。

医学的、理論的な説明は後回しにして、まず「家族と日常生活」に焦点をあてていく。不登校の子どもに「君、なんできのうは学校へ行けなかったの」と聞いても、下をむいてだんまり。それよりも「きのう朝起きて一番に何したの」と聞くとどうでしょう。「あのね、テレビみた」「ふーん、それでどうした」「お母さんに怒られた」、といった話しの転回になりませんか。こんな日常生活のさりげない親子のやりとりを日記をつける要領で書いてもらう。治療面接ではその家族の一週間の様子が手に取るようにわかる。これがまさに治療の適切なアドバイスを引き出す源泉になるのである。

家族療法は症状をかかえている本人だけを対象にせず、家族全員および関係者をも視野にいれて治療をすすめていく。日常生活のさりげないできごとに焦点をあてながら、それぞれの家族メンバーのもつ解決法や考え方、くせなどがみえてくる。「お風呂わいたよ。はよ入りや」とお母さんが言ったとする。「はーい」とすぐ入りだす子。「なんや、うるさいな」と口ごたえする子。「ーーー」返事もなく、ぐずぐずと入らない子。いろんな反応が返ってくる。またお父さんが一番で、お母さんは最後と決まっている家族もあれば、誰がいつ入ってもいい家族もある。こんなささいなできごとのなかにも「家族のもつ特徴、文化、子どもの行動パターンなど」が隠されている。さりげないところにほど、素直にそれらは出やすいのである。

「私だってできそう」「アドバイスが具体的だから、家に帰ってからも取り組みやすい」「毎日が治療のチャンスみたい」と、エコロジカル・アプローチはお母さんたちにずいぶん評判がいい。子どもの問題では悪者、のけ者にされがちなお父さんも仲間の一人に入れてもらって、だんだん土俵の上にあがってくる。いつのまにか家族全員で治療に取り組んでいるという姿が多い。一人で孤軍奮闘していたお母さんも「疲れてもうだめかと思ってましたけど、お父さんが励ましてくれるので」と、またまた治療への意欲が湧いてくる。これこそが治る道筋で一番大切なエネルギーである。

今までの個人を対象とした治療法では治癒しえなかった症状も、家族療法のエコロジカル・アプローチでかなりの改善をみるようになった。しかもきわめて短期間に問題のポイントをみつけだすことができる。地道な事実の積み重ねが解決へのヒントを与えてくれ、変わりにくい家族を変えていく。事実の前には誰もが脱帽し、素直に柔軟になれる姿をなんども目の当たりにしてきた。

「この症状はどこへいっても治らない。もうあかん」。こんな症状を家族療法のエコロジカル・アプローチは、ここ十七年にわたり治療し治癒へとこぎつけてきた。

2019.04.17  著者:福田俊一

関連記事

来所されている方へ:予約をしっかりとって下さい

このところ予約がどんどん混んできています。そういう中で、「先々の予約をおさえるなど、しっかりとらないと希望通りとれなくなりますよ」とアナウンスするのですが、しっかりと予約をとる方とそうでない方に分かれ始めています。今後は […]

最後にぐんぐんのびるのびる

子どもが良くなりはじめると、カウンセリングをやめる親ごさんたちがいます。長い間、辛抱したり努力したりして頑張ってこられたので、「やれやれ」と思われるのも無理のないことだと思います。 しかしちょっと良くなりかけてからが、一 […]

うつの人が回復し前以上に輝いた

かなり重症のうつで家に閉じこもったままの若い男性がいました。 2年たってとても元気になり、どんどん社会に出ていけるようになりました。面接室での明るさも全然違います。 一年くらいで随分元気になってきていたのですが、「まだま […]

シリーズ記事

2007.01.01

1.新年のごあいさつ

明けましておめでとうございます。 昨年は、ホームページのヒット数が20万を達成し、スタッフ一同喜んでおります。淀屋橋心理療法センターの本の出版はありませんでしたが、出版しやすい環境作りの準備に力を入れ、オフィスのコンピュ […]

2008.12.26

2.年末のごあいさつ

今年も沢山の面接をさせていただきました。 当センターは、困った末「何とか治りたい」「何とか治してやりたい」と必死の気持ちで来所される方が多いのですが、そんな中で、グングン治っていく人。着実に治っていく人。なかなか波に乗れ […]

2009.02.20

3.心療内科の先生からの紹介で

最近、心療内科のDrから過食症や拒食症の紹介が増えてきました。薬物だけでは無理、短時間の話し合いでは埒があかないという認識が増えてきたのでしょう。 これからますますカウンセラーの重要性は高まってくると思われます。 但し、 […]

2009.08.28

4.悩んでいる本人をカウンセリングに連れて来る事ができなくても何とかなりますよ

「本人が『どうしても病院には行きたくない』『相談したくない』と言っているので、親だけが相談に行っても大丈夫でしょうか」という問い合わせが沢山あります。多くの病院やカウンセリングセンターでは「本人が来てくれないと、親御さん […]

2010.10.14

5.摂食障害(過食症・拒食症)とリストカットの本出版に向けて大詰め作業

淀屋橋心理療法センターから出る、摂食障害(過食症・拒食症)の新しい本の準備が、ずいぶん進んで来ました。今初校の校正が終わりホッとしているところです。 淀屋橋心理療法センターから出るリストカットの本もあります。こちらは最終 […]

2010.12.15

6.摂食障害(過食症・拒食症)の新しい本がミネルヴァ書房から出版されます

まもなく摂食障害(過食症・拒食症)の新しい本がミネルヴァ書房から出版の運びとなりました。今回の本はトラブルになりやすい母と娘の色々な場面を考え、そこから抜け出して、摂食障害(過食症・拒食症)から自由になるにはどうすれば良 […]

2011.01.26

7.男性の摂食障害(過食症・拒食症)相談が急増

男性の摂食障害(過食症・拒食症)相談が急増中です。この勢いで行くと、摂食障害(過食症・拒食症)になるのは女性が90%以上という定説が覆されるかもしれません。

2011.03.14

8.星和書店よリストカットの本を出版予定

淀屋橋心理療法センターで執筆した*されます。店頭には4月頃並ぶ予定と聞いております。

2011.05.13

9.星和書店よりリストカット解決の為の本が出版予定

星和書店より出される*が、6月上旬に書店に並ぶ事になりそうです。震災の影響で遅れていましたのでほっとしています。

2011.12.29

10.年末のご挨拶(2011年)

年末のご挨拶を申し上げます。 今年の来所クライアントさん、遠くは屋久島から、近くは同じ町内会からおみえいただきました。 いよいよ残すところあと三日、あわただしい年末がやってまいりました。今年はほんとうに大変な年でした。東 […]

コラム一覧へ