友だち・社会性関連編:あいさつができない・人見知りがはげしい

『あいさつができない・人見知りがはげしい』(別冊PHPより)

人見知りがはげしい子なのに、きちんとしたあいさつのできる子がいました。年齢に比してあんまり上手なのでお母さんに聞いてみたところ、「練習させてます」という答え。

玄関に人がみえたとき、電話にでたとき、場合場合にわけて、何回も練習しているとのことでした。気持ちよいあいさつで相手が子どもに好感をもち、それが本人の心の扉をあけやすくするということがよくあったということです。

あいさつはその日はじめて顔をあわせたときにかわす第一声です。「今日一日元気で仲良くやっていきましょう。よろしくお願いします」の意味がこめられています。とても大事なスタートの切り札です。

人と顔をあわせるのが苦手な子どもの場合、これがうまくできなくて大きくなってからも苦労するとよく聞きます。生活のなかで声をだす練習をつむといいのではないでしょうか。

「おはよう、いただきます、ごちそうさま、おやすみなさい」は生活の基本のあいさつです。子どもが言わないときは、親から「おはよう」と声をかけていきましょう。またお母さんも「どうぞ召しあがれ、よろしゅうおあがり、おかえりなさい」など、返事をかえしてあげるといいですね。

生活のなかにとけこんで、日常化してしまえば、他人へのあいさつも抵抗なくできるようになると思います。

関連記事

2011.09.17

1.「過食症は治りたい…けど治った後が不安なので治りたくない」

「過食嘔吐がなくなると、いまの私じゃなくなる。そんな自分が不安でたまらないんです」と、長い年月過食症を患ってきた幸美さんは言う。 過食嘔吐がある自分に長い年月慣れ親しんできた。過食症だから与えられた恩恵―大切に扱われて、 […]

2014.12.04

【不登校】小学校低学年・中学年の「同伴登校・親子登校」

毎朝一緒に登校してやったり、授業中でも近くで見守ってやったり別室で待機してやったりと、「同伴登校」とはまさに「親子密着登校」といった感じです。以前は「小学1、2年生」の定番の再登校のステップの一つだったのですが、このとこ […]

病院とかけもちしながらカウンセリングはうけられますか?(よくある質問)

別の病院で薬を処方、淀屋橋でカウンセリングを希望 Aさん(銀行勤務30才、男性)が、心のゆううつを感じで近くの病院の精神科にかかったのは一年前。薬である程度おちついたが、いくつかの疑問や不安が残った。Aさんの質問に耳を傾 […]

シリーズ記事

1.友だち・社会性関連:集団のルールが守れない

『集団のルールが守れない』(別冊PHPより) 個性の強い子に多いと言われますが、そうではなくて「個性を集団のルールにあうように、出し方をしつけ てもらえなかった」のではないでしょうか。 幼いころおもちゃを独り占めするとか […]

2.友だち・社会性関連:友だちができない

『友だちができない』(別冊PHPより) まわりに同世代の遊び友だちはいるでしょうか。小さい頃から子ども同士で遊ぶ機会が少ないと、ゆずったり我慢したりができず、わがまま、かってものと言われて、友だちができにくくなります。お […]

3.友だち・社会性関連編:あいさつができない・人見知りがはげしい

『あいさつができない・人見知りがはげしい』(別冊PHPより) 人見知りがはげしい子なのに、きちんとしたあいさつのできる子がいました。年齢に比してあんまり上手なのでお母さんに聞いてみたところ、「練習させてます」という答え。 […]

4.友だち・社会性関連編:いじめっ子

男の子(小6)をもつお母さんの話です。「うちの子、いじめっ子なんです。わかったときショックでした。なんで、友だちをいじめるの。まだいじめられてるほうがましやわ」と、お母さんは嘆かれます。 仕事から帰ってきて急いで夕飯の支 […]

5.友だち・社会性関連編:いじめられっ子

わが子が「いじめ」られているか否か、母親がこれを見つけるのは大変です。よほどひどくいじめられているのでない限り、外見だけでは判断できないからです。最近でこそ「いじめ」に関する相談は、なりを潜めてはいますが、決してなくなっ […]

6.友だち・社会性関連編:外へでるのが不安

『外へ出るのが不安』(別冊PHPより) なにか恐い思いをしたということはないでしょうか。車に追突されそうになったとか、恐い人におどされたとか、友だちにいじめられたとか。外へ出るのが不安という場合、そうした体験が根っこにあ […]

7.友だち・社会性関連編:集団がこわい

『集団がこわい』(別冊PHPより) もともと性格的におくびょうな子は、集団の雰囲気に押しつぶされるような気がすると言います。それと気はしっかりしているが、親が子どもグループになれさせようと無理強いした結果、心にイヤな思い […]

コラム一覧へ