妹弟に対する暴力(小学生の場合)

物事に対する執着の強さ。これは良い意味でとると根気強い、集中力がある、諦めない力などと言えるでしょう。ただこの執着心の強さがマイナスに出て困っておられるご家庭があります。

カウンセリングでの親御さんのお話です。小学6年生のN君は今流行のゲームがほしくて仕方ありません。起きているときは常にゲームのことが頭から離れないようで「買って 買って」とうるさくて仕方ありません。しかし親御さんはそれを買ってそのときは満足したとしても又次のものが欲しくなることがわかっています。

低学年の頃は『誕生日ね クリスマスね』と親御さんが抑える事ができたのですが思春期になった今「買わなければ盗めばいいだけだ」とか「買わないなら○○を壊すぞ」とか脅迫し始めたことで相談に来られたのです。

そしてその脅迫がどんどんエスカレートしていて「買わないとこいつを殴る」と妹に暴力をふるうようになってきています。イライラが激しく自分でも抑えられないようで、このままでは警察沙汰になるのではとおっしゃっていました。親御さんは危機感や絶望感で一杯です。

N君が荒れていることで頭が一杯なのは当然だと思いますが「そんな毎日の中でもN君の機嫌の良い時はありませんか」とカウンセラーが聞くと「昨日テレビのバラエティー番組は妹と一緒にげらげら笑って見ていたし、その後妹の宿題を優しく教えてやっていました」とおっしゃいました。そんな穏やかなときもあるのがわかりました。

親御さんはどうしても心配なところばかりが目につかれます。でも大事なのは日常のほんの短い時間でも機嫌の良い時があるかどうかなのです。そして我々が注目するのはそちらです。そこから解決の糸口を見つけるのです。

関連記事

夫婦関連編:育児協力

夫に子どもをみてもらって、友だちと食べて飲んで帰ってきたお母さん。「ありがとう、ほんとうに命の洗濯ができたわ」と、素直に夫に感謝の気持ちをあらわし、夫も「いや、僕も子どもと遊べて楽しかったよ。でも子どもをみるってたいへん […]

頑張るお母さんは疲れが心配(美香29才 摂食障害・過食症とひきこもり)

過食症でひきこもりになった娘さんのご両親が、この春からカウンセリングに来所されている。いつも二人でそろってこられ、待合い室でも仲よさそうに話をされている。29才になる次女の美香さんが、二年前から過食症に、その半年後にはひ […]

性格・行動関連編:吃音

『吃音』(別冊PHPより) 小さい子は焦ってしゃべろうとするので吃音になりがちです。それは落ちついてゆっくりしゃべれば解決 することですので、案外治りやすいものです。「あわてなくていいからね」と言ってやったり、会話の雰囲 […]

シリーズ記事

2014.11.20

1.妹弟に対する暴力(小学生の場合)

物事に対する執着の強さ。これは良い意味でとると根気強い、集中力がある、諦めない力などと言えるでしょう。ただこの執着心の強さがマイナスに出て困っておられるご家庭があります。 カウンセリングでの親御さんのお話です。小学6年生 […]

コラム一覧へ