僕、精神病になってしもたんやろか

「もうこれで精神病あつかいかな」って思ったら、足が前へ進まなくて

予約時刻を30分もすぎている。担当セラピストは時計を何度も見た。「おかしいな、無断キャンセルかな」。そう思ったとき電話が鳴った。「あのー、近くまで来てるんですけど」。予約のクライエント、酒田さんの声だ。「あのー、カウンセリング受けるって、精神病あつかいされるんでしょう。どうしてもそれがいやで」。遅刻の理由はそれで足が前へ進まないそうだ。駅をおりてもうすぐの所まで来ている。「そんなことはないですよ。お話をしっかり聞かせていただいて、アドバイスをさしあげるのが中心ですから。とにかくいらっしゃい」。

酒田さんはそれから10分ほどして表れた。不安感が顔にあらわれている。「まあ、落ち着いてください」と、お茶をだしながらセラピストは語りかけた。引きこもり状態になって二年になる。今では何をやる気もしないし、このまま人生終わってしまうのかなと、思うと不安でたまらない。最近は眠れなくなってきて、それで来所する決心をしたという。

酒田さんの不安を解いていくセラピストの話に注目していただきたい。

セラピスト: 眠れないと言うことですが、どのくらい?

酒田 : 一週間になります。寝つきにくいし、やっと眠れても二時間くらいで目がさめてしまって。

セラピスト: それでどこか他へいきましたか?

酒田 : はい、近くの病院へ。初めは内科へ行ったんですけど、精神科にまわされて。「二年近く家にこもってます」って、言ったら「それはこっちじゃない。精神科ですね」って。僕は睡眠の薬もらえたらそれでよかったんですけど。話し聞いてくれなくて。もうすぐに紙もって精神科へまわされて。待合い室で待ってるあいだに「僕、ちがうよな。ここは僕の診てもらうとこ違うよな」って。独り言いいながら、帰ってきてしまいました。

セラピスト: ああ、それで、さっき電話で「精神病あつかいになるんですかって、聞いたんですね。ここは薬なしで治すところなんです。あなたが抱えておられる問題点ー今二年間のひきこもりと、不眠ですか。お話をじっくりと聞きながら、あなたといっしょに解決の方法をみつけていく所です。もちろん必要と判断すれば薬もだしますが、それは中心ではありません。あなたが抱えておられる問題点が、そんなに簡単にどうかなるとは思われないでしょう。

酒田 : はい。そうなんです。僕がこうなったんも、いろんなことがいっぱいあって、動けなくなってしまったからなんです。誰もそれを聞いてくれない。わかってくれない。そのうちなんで自分がこないしてるんか、わけわからんようになってきて。

セラピスト: 時間がたつと、だんだん問題の焦点がぼけてくるからね。自分だけで解決しようとしても無理になってくる。逆に時間をかけて話しを聞いてもらってると、頭のなかがまとまってきて、心の整理ができだすことってようけあるよ。そのあとでこちらからアドバイスだすと、スーッと入っていく。それがここのカウンセリングの進め方なんや。

酒田 : 僕、その内科へ行ったとき「そんな二年間の心の葛藤が5ー6分くらい話しを聞いて、わかるはずがない。僕は精神病やない。薬のまなあかんような病気やない。もっと話しを聞いてくれ」って言いたかったけど言えなかった。

セラピスト: そうか、そう言いたかったんやな。そしたらその話しを聞かせてくれへんか。時間はたっぷりあるよ。

酒田 : はい。お願いします。いじめられたことや、親に「怠けてる」って、言われたことや、もういっぱいあるんです。

酒田さんはこのあと一時間あまり話しを続けた。はじめは自信なげな声だったが、のってくるとだんだん大きな声に変わった。セラピストの「対人緊張もあるね。ご両親の対応にも改善が必要」といったアドバイスを聞き、「自分だけが悪いんではない」という思いにホッとした様子だった。

心理療法におけるカウンセリングを受けることは、必ずしも病気だからでないとわかり、酒田さんの不安は安心に変わっていた。

関連記事

3.「明るい自分演じるの、めちゃしんどい」と気がついた(真希17才 高2)

きのうの夜、またはさみで手首を傷つけて 「なんで切るの、なんでこんなことするの?」と、母親は涙ぐみながら真希に聞きました。パニック状態の母親にくらべると、真希はしらっとした感じです。「なんもそんなに深く切ってへんやん。大 […]

2014.06.09

【不登校】親のアドバイスなんかいらない!聴いてくれるだけでいい

淀屋橋心理療法センターのカウンセリングは「具体的なアドバイスをお出しする」ことに重点をおいています。しかし、それは親御さんが不登校の子どもさんに対し、どのように接したら良いかという「カウンセラー」から「親御さん」へのアド […]

過食の費用を自分で管理できだすと、過食のコントロールもできだす(恵子19才 摂食障害・過食症)

小づかい帳をつけて、過食の費用を管理 過食と闘って4年目の恵子さん(19才)。当センターのカウンセリングを受けて一年がたつ。来所し初めのころは、自暴自棄に陥っていた。「もうどうにでもなれ。太るだけ太れ!」こんな心境ですと […]

シリーズ記事

1.重症の過食は本当にカウンセリングで治る?

疑問にていねいに適切に答えることで、不信感を信頼感に 五年キャリアの過食症。病院も行ってみた。しかし治らない。「毎日過食のことしか考えられないんです。なんにもできない。なにかしようとしても食べ物のことが頭から離れず、なに […]

2.対人緊張がともなう不登校は、薬だけでは不十分

工事中です。

3.母親の「笑い」がすべての深刻さをうやむやに

娘が過食にかかって三年。なのにかるーく考えている母親 父親が本屋さんでさがしてきた。当センターが出した「過食・拒食の家族療法」を、母親に「読め」と言う。「早くここへ行って相談してこい。もっと美沙(23才)にかかわってやら […]

4.僕、精神病になってしもたんやろか

「もうこれで精神病あつかいかな」って思ったら、足が前へ進まなくて 予約時刻を30分もすぎている。担当セラピストは時計を何度も見た。「おかしいな、無断キャンセルかな」。そう思ったとき電話が鳴った。「あのー、近くまで来てるん […]

5.薬なしで治したい。でも薬がないのは不安なの。

カウンセリングは薬がでないんでしょう。それが不安で 「どうぞ、お待たせしました」。担当セラピストの呼び掛けに、母親と娘の涼子は立ち上がった。ふらふらするのか母親が支えている。「朝から気分が悪くて。すみません」と母親がかば […]

6.家族療法って、家族を悪く言うんじゃないですか

お母さんがかわいそう。一生懸命育ててくれたのに 初めて来所される人のなかには「自分だけで治したい」と希望される方が少なくない。一人で良くなる症状もなくはないが、心の病気は時間がかかるしまた再発もしやすい。家族療法だとその […]

7.「今度荒れたらそのときにまたよろしく」と父親

危機意識がうすい親は、治るチャンスを見のがす とにかくなにか困った事が起きたら、その時に相談にくれば事は解決すると思っているらしい。高校3年生の娘が家庭内暴力で相談のご両親。 「もうテーブルの上にあるものみんなひっくり返 […]

コラム一覧へ