夫婦関連編:夫の家事協力

一才半の子どもをかかえるB子さんが、相談にみえました。「うちの人ったら、健(子)が寝かかってるのに、大きな声で『おーい、玄関のとこ汚れてるで。掃除したんか』ゆうて、ガチャガチャ音たてるんです。そしたら案の定『うわーん』ゆうて泣き出して。寝かせるのに苦労する子やのに。そんな玄関ぐらい、ちょっときれいにしてくれてもいいやん」と、B子さんは、涙声で話はじめました。こないだもこんなやりとりがあったそうです。

夫:おい、健、熱あるやんか。

妻:うん、でもこれくらいやったら背中さすってたら、寝てくれるからええねん。

夫:なんや、そんなんでえんか。えらい簡単にゆうやんか。

妻:そんな非難がましい言い方せんと、ちょっとあなたもめんどうみてやってよ。

夫:家のことはおまえさんの仕事だろう。僕は外で一日中働いてるんやで。

悪くすれば、ますますこじれてしまいそうな夫婦の会話です。妻は夫に家事や育児に協力をしてほしいけど、なかなかうまく言えないし、また夫も家のことは妻の役割と決め込んでいるので、平行線のままです。

『家事協力』(別冊PHPより)

子どもが小さくて手のかかるときや、二人目が生まれたばかりとか、もう目がまわるように忙しくなりますね。「ちょっと手伝ってくれれば、ずいぶん助かるのに」と、思ってもなかなか口にだして言いにくいのが、家事のお願いです。

イライラしてつい子どもにあたってしまうということはありませんか。これでは、子どもにも、母親にも、よけいストレスがたまるばかりです。

家事・育児は母親の仕事と決めこんでいる夫に、どう頼めば家事に協力してもらえるでしょうか。「私がこんなにたいへんなのに、あなたはなんでわかってくれないの」と、相手に理解を求める言い方はあまりうまくいきません。「この子を保健所に連れていかないといけないの。朝のゴミ出しお願いできないかしら」とか、「今日は上の子の授業参観の日で手がまわらないから、リビングに掃除機かけてくれない」というふうに、具体的かつ行動レベルで伝えるほうが効果があります。またしてもらったら必ず「ありがとう。助かったわ」と、率直に感謝の気持ちを伝えましょう。

働く妻の考え方として「家事分担」という発想があります。働く主婦も増えた現在ではもちろんこれでいいのですが、実際にどうかというとなかなか無理な点が多いようです。「してもらえるとたすかるんだけどな」と、肩をはらずに言ってみましょう。

関連記事

2010.08.03

拒食症:食を拒否する病気…発症のきっかけや見分け方は?診断基準・標準体重の出し方も参考に

やせへのあこがれから強烈な「やせ願望」に 思春期のころ「ほっそりとした体つき」にあこがれ、ダイエットを始める女性が多くいます。「やせへのあこがれ」はきわめて正常なものですが、それがだんだんこうじてこだわりが強くなり「強烈 […]

2015.04.08

【不登校】始業式・入学式からのロケットスタートにご用心!

4月は新学期・新入学など、大きな変化を迎える時期です。それまで不登校で不本意な生活をしていた子の中には「リスタート・リセットの絶好のチャンス」と考える子が少なくありません。 また、これまでの不登校を払拭したいという願望も […]

初回面接でのトラブル

娘さんの非行のご相談でお母さんが来られました。「事前相談」では娘さんのこれまでの具体的な非行状況、現在の親子関係や家庭環境、それにお母さんの心境や先行きの不安などについて細かくお教えいただきました。ひと通りお聞きしたカウ […]

シリーズ記事

1.夫婦関連編:育児協力

夫に子どもをみてもらって、友だちと食べて飲んで帰ってきたお母さん。「ありがとう、ほんとうに命の洗濯ができたわ」と、素直に夫に感謝の気持ちをあらわし、夫も「いや、僕も子どもと遊べて楽しかったよ。でも子どもをみるってたいへん […]

2.夫婦関連編:夫と妻の対話

「夫と話し合えない」というお母さんが多いですね。イライラがこうじて「食べ吐き=過食症」でうさをはらすくせがでてきたため、あわてて相談にみえました。 夫:子どものしつけができてない。なにしとんや。この子はちゃんとゆうて聞か […]

3.夫婦関連編:夫の家事協力

一才半の子どもをかかえるB子さんが、相談にみえました。「うちの人ったら、健(子)が寝かかってるのに、大きな声で『おーい、玄関のとこ汚れてるで。掃除したんか』ゆうて、ガチャガチャ音たてるんです。そしたら案の定『うわーん』ゆ […]

コラム一覧へ