不登校の相談 二学期を目前にして

そろそろ二学期のことが頭をよぎる時期になってきました。

不登校のまま夏休みを迎えた子どもさんにとっては「あー学校が始まってしまう」と気持ちが重くなってくる時期でしょう。

中学二年の男の子のケースです。「もうすぐ二学期だ。どうしょう。宿題も全然できていないし。友達とも遊んでないから話題についていけないだろうな。行きたくないな。でも家にいてもお母さんの悲しそうな顔を見るのもつらいな。」と悩みが膨らんできている様です。一層雰囲気が暗くなり考え込んでいる時間が長くなっています。

ただこのように不登校について真剣に考える子どもさんは再登校の可能性がより高いのです。全く登校する気持ちのない子どもさんは学校について考えることすらフタをしゲームやPCに没頭していることが多いのです。

不登校でお悩みの親御さん、お宅の子どもさんはどちらにあてはまるでしょうか。それによって対応も変わるのです。

関連記事

必ずでてくる厳しい親批判の声

「親は何を言ってもわかってくれない。だからもう何も言わない」 家族との会話がなかった 親とのコミュニケーションがとれなくて、ずーと引きこもりの状態が続いていて。本を読んだり、自分なりに考えたことなんかをパソコンに文章化し […]

2014.10.02

過食嘔吐の裏にかくれている対人恐怖症(対人緊張)は、家族でもわかりにくいので要注意(過食嘔吐8年、29才咲子)

摂食障害(拒食症)のカウンセリング治療は、淀屋橋心理療法センター(大阪)の「摂食障害専門外来」で行っております。 (大阪府豊中市寺内2丁目13-49 TGC8-201(06-6866-1510)) (TEL: 06-68 […]

2012.05.30

4.「同期で一番早く係長に昇進できた、バンザーイ!」大喜びの気持ちを家族で祝ってもらって(真理 28才 過食症歴2年)

真理さんは過食症になって二年になります。お母さんが気がついたのは、発症してから一年後でした。「娘が過食症で苦しんでいたのに、一年間も気がつかなかったなんて」と、お母さんはくやし涙を浮かべて話しました。 真理さんの過食嘔吐 […]

シリーズ記事

2014.08.19

1.不登校の相談 二学期を目前にして

そろそろ二学期のことが頭をよぎる時期になってきました。 不登校のまま夏休みを迎えた子どもさんにとっては「あー学校が始まってしまう」と気持ちが重くなってくる時期でしょう。 中学二年の男の子のケースです。「もうすぐ二学期だ。 […]

コラム一覧へ