不登校から家庭内暴力、親への責任転嫁(発達しょうがい アスペルガー)

受験のつまずきがきっかけで不登校から家庭内暴力に至っているというご相談です。親が「○○高校へ行け」と言ったからこうなったんだ、小さい時強制的に勉強させられた等、今の行き詰まりを親のせいにして暴力をふるうということです。

我が子の将来を考えての助言はどの親でもすることです。しかし、今となっては後悔と罪悪感で一杯だと言う親御さんの気持ちもよくわかります。又、親に責任転嫁して家庭内暴力という形でイライラをぶつける子どもさんも辛い状況だと思います。

我々は親の気持ち、子の立場をしっかり把握して対応のアドバイスをしています。

関連記事

2014.12.25

【不登校】何を言っても文句を言う反抗期の子の対応

小学校高学年や中学生ぐらいになると、親がちょっとしたことを言っただけでも「えー、めんどくさい!」と、真っ先に嫌そうな返事をするようになる子も多いと思います。もちろん、「まだまだ子どものクセに生意気な!」「反抗期だから仕方 […]

2015.02.09

【不登校】「転ばぬ先の杖」vs「失敗から学ばせる」

不登校の子をお手伝いしていると、「この子はまだ不登校だけど、ずいぶんとたくましくなってきたなー」と、家庭の中の様子をうかがっているだけで実感する場合があります。たとえば、近所の皮膚科に行かないといけない日。以前は「そろそ […]

ギリギリ再登校

新しい年が明け、年度末が近づいてきました。これまで子どもさんの不登校で悩みつづけてこられたご両親にとって、そろそろ「学年の変わり目の方が行きやすいだろう」「四月からは何とか」と、次の学年に目を向けはじめる方が増えてくる時 […]

シリーズ記事

2013.02.22

1.不登校から家庭内暴力、親への責任転嫁(発達しょうがい アスペルガー)

受験のつまずきがきっかけで不登校から家庭内暴力に至っているというご相談です。親が「○○高校へ行け」と言ったからこうなったんだ、小さい時強制的に勉強させられた等、今の行き詰まりを親のせいにして暴力をふるうということです。 […]

コラム一覧へ