不登校から「単位制・通信制」の高校へ

中学三年生や高校生の不登校のご相談を受けていると、少なからず単位制・通信制高校高認(高卒認定試験)の話題が出てきます。また、積極的な親御さんは、お一人で何校もの単位制高校やサポート校の相談会に足を運ばれたり、ネットで資料請求をされたりするお陰で、私どもも「単位制高校・高認資格・サポート校」などの情報にふれる機会が増えました。実際、当センターに保存しているパンフレット類は、ほとんどが親御さんからいただいたものです。

かといって、もともと「単位制高校・通信制高校・サポート校・高認資格」などにご縁のなかった親御さんにとって「普通の高校と単位制ってどう違うの?」「そもそもサポート校って何?」「うちの子の場合は単位制高校と高認のどちらを選んだらいいの?」など、聞き慣れない学校や制度に戸惑われる方も少なくありません。

一方、不登校の子にとっても選択肢によっては向き・不向きがあります。フレンドリーでにぎやかな雰囲気が好きな子もいれば、おとなしい子ばかりの学校を望んでいる子もいます。中にはクラブ活動をしたい子もいますし、制服の有無を気にする子もいたりと様々です。

私どもでは、そのような情報を必要とされている親御さんや子どもさんに対し、パンフレットをお見せしたり、学校や制度ごとの仕組みの違いを説明したり、実際に通信制高校や高認資格のためのサポート校に通っておられる方々からの現場からの生の情報を提供させていただくこともできます。また、「この学校は少人数制で人気が高いから早く申し込んだ方がいいですよ」、「個別面談を申し込めば丁寧に答えてくれますよ」、「親御さんとの面談をマメにされている高校はココですね」といった情報もございます。

*最新情報や全ての学校の情報に精通しているわけではありません。
*情報提供は個人のプライバシーを十分に配慮した上で提供いたします。

関連記事

9話:ほめてほめて―「じょうずやね」と母親がほめて、子が母を指導(瑛子23才、教師)

「やせたい、やせたい、でも食べたい」 瑛子(23才)は小学校の先生です。過食症になって一年がたちます。いつも給食ののこりを「もったいないなー」と、食べていたのが太るきっかけに。配達の箱に残るパンには、どうしても手がのびて […]

友だち・社会性関連:友だちができない

『友だちができない』(別冊PHPより) まわりに同世代の遊び友だちはいるでしょうか。小さい頃から子ども同士で遊ぶ機会が少ないと、ゆずったり我慢したりができず、わがまま、かってものと言われて、友だちができにくくなります。お […]

摂食障害・過食の費用がだんだん増えてきた。どうしたらいいの?(百合大学二年生 摂食障害・過食症)

過食症の食材を買うお金って、みんなどうしてるのかしら 過食症の食べ吐きについやす金額は「一日1000円」と決めていても、毎日のことだけにばかにならない。やりくりの仕方は人それぞれだが、おおまかに分けると次の三つのパターン […]

シリーズ記事

2010.05.19

1.不登校から「単位制・通信制」の高校へ

中学三年生や高校生の不登校のご相談を受けていると、少なからず単位制・通信制高校や高認(高卒認定試験)の話題が出てきます。また、積極的な親御さんは、お一人で何校もの単位制高校やサポート校の相談会に足を運ばれたり、ネットで資 […]

コラム一覧へ