不器用

28歳のH子さんのお母さんが相談に来られました。H子さんに3つのことを頼んでも最後に言った1つのことしか頭に残らないということです。

例えばメールで「今日何時に帰ってくるか教えて 郵便局の前を通るとき80円切手もお願いね 帰りにコンビニで牛乳を買ってきてほしいの」と送ったのに結果は牛乳を買ってきてくれただけ 帰宅時間も80円切手も頭の片隅にも無い感じです。

お料理を頼んでもそう。一つずつ丁寧に作ってくれるけど同時進行ができない、だから時間がお母さんが作るときの何倍もかかるそうです。

お母さんの方はとても要領がよく手際よく3~4品を同時進行で料理する姿をH子さんは「すごいね~」と感心して見ているそうです。

テキパキお母さんと器用にできない娘という構図。この二人が上手くやっていけるようにどこからアドバイスすればいいか、カウンセラーの頭が回転し始めました。

関連記事

子育て関連編:忙しいときに、まとわりつく

(3)忙しいときに、まとわりつく 子どもというものは「どうして?」と、思えるほど、お母さんが忙しいときに限ってまとわりついてくるものです。とくに働いていて、家事に少しでも時間を有効に使いたいと思っているお母さんは、子ども […]

2015.01.17

小学3年生の不登校の同伴登校で

不登校の小3のJ君はお母さんと一緒なら教室に入ることができるようになりました。お母さんは教室の一番後ろの隅でJ君の様子を見守っています。J君も時々振り向きながらお母さんの姿を確認し隣の席の友達とふざけあったり笑い合ったり […]

2.子どもの要求を否定せず、会話のチャンスに

「あれ欲しい、これ買ってくれ」この時親子で話し合いを息子(雄一、20才)が、ひきこもりはじめて二年になる両親が来所した。高校はなんとか卒業したけれど、そこでつまづいた。大学には進学せず、さりとて職を探す意志もない。「その […]

シリーズ記事

2014.03.27

1.不器用

28歳のH子さんのお母さんが相談に来られました。H子さんに3つのことを頼んでも最後に言った1つのことしか頭に残らないということです。 例えばメールで「今日何時に帰ってくるか教えて 郵便局の前を通るとき80円切手もお願いね […]

コラム一覧へ