病院とかけもちしながらカウンセリングはうけられますか?(よくある質問)

別の病院で薬を処方、淀屋橋でカウンセリングを希望

Aさん(銀行勤務30才、男性)が、心のゆううつを感じで近くの病院の精神科にかかったのは一年前。薬である程度おちついたが、いくつかの疑問や不安が残った。Aさんの質問に耳を傾けてみよう。

Q.落ち込みがひどくて、苦しくてしんどくて、近くの病院に飛びこんだんです。薬が3種類でました。そのおかげで少しましになって。でもだんだん増えてきて今は7種類もでるんです。こんなにのみ続けていてやめられなくなるんじゃないか不安なんですが。

A.薬をやめることはできます。が、しろうと判断は危険です。急に全部やめてしまって、不安感がでてきたり、うつ症状がひどくなったという人もいます。徐々にへらしていくといいのですが、減らし方については適切なアドバイスが必要です。そのお手伝いはできます。

Q.将来的にはできたら薬でなく、自力で立ち直る力をつけたいんですが?

A.その治り方が一番だいじだと思っています。自分の力で立ち直れたと思えると自信がつきます。またいつ落ち込んでも自分で立ち直れるという安心感がありますから。自力で立ち直る力をつけてさしあげるのが淀屋橋で行っているカウンセリングです。単なる悩み相談に終わらず、ご本人の成長を目標にいくつかのハードルをクリアーしていく中で、確実に自力がついてきます。

Q.大病院なので信頼感はあるんですが、3時間まって5分診療。じゅうぶん心のなかの問題を聞いてもらうというよりは、薬があっているかどうか、新しい薬はどれがいいか、調合するための診察という感じなので。これでは私がつまづいた職場での問題を解決したり、対応力をつけたりすることにはならないなーと。こちらでカウンセリングを受けながら、病院で薬をもらうということはできますか?

A.一日でたくさんの患者さんを診ないといけないので、病院の診療はどうしてもそうなりがちです。あなたの言われるように問題解決のアドバイスはこちらで、薬は病院でという分業がいちばんいい形です。しかしこれにはいくつかの難点があります。かいつまんでお話しましょう。

  1. 原則としては今かかっている病院のドクターの了解を得て、こちらでカウンセリングをスタートすることです。ただたまにはそういう形を好まれないドクターもおられます。そういう場合はご相談ください。
  2. 状態が悪くなってきたとき、病院のドクターもアドバイスをだされるでしょう。こちらもだします。両者のアドバイスが違うことが多いので、あなたご自身が混乱されると思います。
  3. 「薬はもらうが、最初の半年はこちらのアドバイスにしたがってみる」という決心をつけていただきたい。6ヶ月ごとに確認するということで。けじめをつけておかないと。状態がなかなか改善しないとか、悪くなったとかになると、迷いや疑問がでてきます。
  4. とりあえず「症状の軽快は薬で」「人生を勝ち抜く術と力はカウンセリングで」と、線引きをして取り組むと混乱しなくていいと思います。

関連記事

番外編(1):いじめの家族療法を紹介した本『家族の心理療法』(朱鷺書房)

当センターから上梓した本に「家族の心理療法」(朱鷺書房、福田俊一、増井昌美著)というのがあります。これは「いじめ」を中心に、家族がどう取り組むか、学校(担任)との協力体制はどうすれば組めるか、本人をどう成長に導くかを書い […]

『過食症と拒食症』危機脱出の処方箋 第3話(母親との関係が・・・1)

『過食症と拒食症』 ― 危機脱出の処方箋 ―  福田俊一、増井昌美著 (星和書店、2001)より 本書は淀屋橋心理療法センターで治療したケースをもとに執筆、星和書店より出版したものです。本文のなかから症例や治療のポイント […]

過食症が「その場しのぎの対応」で治ると思うのは、おおまちがい。

過食症はちょっとなんとかすれば治る症状ではない。なんとかして、しかも年数かけて必死でなんとかして、やっと解決にこぎつけられるかどうか。それほど治りにくい症状の一つである。過食症の治療に長年携わってきて、残念に思うことがあ […]

シリーズ記事

1.性格は変わる?変えようとするよりも生かす工夫を(商事会社勤務、45才男)

劣等感から抜けきれない自分を、なんとか変えたい 面接室には男性が一人座っている。手帳を前に広げて、しきりにスケジュールを確認しているようだ。なでつけたヘアースタイルから、几帳面さが感じられる。 「電話受け付け表はどこかな […]

2.病院とかけもちしながらカウンセリングはうけられますか?(よくある質問)

別の病院で薬を処方、淀屋橋でカウンセリングを希望 Aさん(銀行勤務30才、男性)が、心のゆううつを感じで近くの病院の精神科にかかったのは一年前。薬である程度おちついたが、いくつかの疑問や不安が残った。Aさんの質問に耳を傾 […]

3.立ち直りのきっかけは、すぐそばにある

ほんのちょとした良いことが積み重なって、大きな力に 失業率は5%を越えて、最悪の日本経済で・・・読むのも気が滅入る新聞記事の第一面である。こんな状況でもめげずにいろんな企業に応募している男性(森さん仮名、45才)がいる。 […]

4.一人で治したいんです(銀行勤務、28才女)

一人で頑張るのは難しい。親の助けを求めてください 順調にいってると思えた玲奈の人生に陰りが見え始めたのは、28才をむかえてまもなくだった。職場ではベテランの部類にはいる。大学も優秀な成績で卒業し、銀行という当時としては難 […]

5.「うつ」からの脱出に、適切な早期治療を

最近サラリーマンのうつで、とても残念に思うことがあります。それは薬をのんだり、カウンセリングを受けたり、休養したりしていても、なかなかはかばかしくなく、結局会社をやめてしまう人が多いことです。 もし早期からより適切な治療 […]

6.「うつ病」の早期発見には「チェックリスト」でうつのサインを早期発見

「うつ病」の早期発見には「チェックリスト」でうつのサインを早期発見 うつ病にみられやすい初期サイン 「何となくゆううつで、やる気がわいてこない」 「食欲がない」 「夜寝つきがわるく、早朝にめがさめる」 このような状態がこ […]

7.「宴会係」という心ない上司の言葉に傷ついて

明るく活発な社員と思われていたはずなのに 入社して三年目を迎えた佐藤さん(24才仮名)は、面接室で腕組みをしながらうつむいていた。「自分がよもやカウンセリングを受けるようになるとは」という思いでいっぱいだった。担当セラピ […]

コラム一覧へ