発達障害と診断された親御さんの気持ち

我が子が発達障害と診断されたら親御さんは周りに理解してもらおう、我が子の足りない所を出来るだけフォローして生きやすくしてやろうと考える傾向にあるようです。

しかしそればかりでなく、本人を成長させ世間と上手く折り合いを付けながら生きていけるように導いていくことも大事だと思います。淀屋橋心理療法センターはそちらに重点を置きアドバイスしています。

関連記事

性格・行動関連編:動作がのろい・ぐず

幼稚園でお弁当を食べるのがいつもビリという子がいました。みんなお昼の外遊びで、元気よく走り回って いるのに、その子だけはいつも先生がそばについて「さあ、はやくたべましょうね」と、せかさないと終わりま せん。 懇談会で、先 […]

2013.10.18

親の対応(接し方)のアドバイス 気難しい子の対応は?(発達しょうがい アスペルガー)

発達しょうがい(アスペルガー)と言われているJ君はとても気難しい子です。少しでも気に入らないと不機嫌になり家族に当り散らすのです。お母さんは出来るだけ家族が平穏に過ごせるようにJ君が小さい時から常に彼の機嫌を伺い、気を遣 […]

「背が低い」から僕はなんもできひんのや

卓治は高校に入ってサッカー部に入った。「僕は走るのが速いし、ボール扱いはうまいからな」。家では母親にこう自慢していた。ほんとうに小学校のころからかけっこは速かったし、運動神経はいいほうだった。「よかったね。行きたい高校に […]

シリーズ記事

2011.06.10

1.発達障害と診断された親御さんの気持ち

我が子が発達障害と診断されたら親御さんは周りに理解してもらおう、我が子の足りない所を出来るだけフォローして生きやすくしてやろうと考える傾向にあるようです。 しかしそればかりでなく、本人を成長させ世間と上手く折り合いを付け […]

コラム一覧へ