発達障害と診断された親御さんの気持ち

我が子が発達障害と診断されたら親御さんは周りに理解してもらおう、我が子の足りない所を出来るだけフォローして生きやすくしてやろうと考える傾向にあるようです。

しかしそればかりでなく、本人を成長させ世間と上手く折り合いを付けながら生きていけるように導いていくことも大事だと思います。淀屋橋心理療法センターはそちらに重点を置きアドバイスしています。

関連記事

2011.06.21

一匹狼の毎日で

大学一年のT君は友達とつるむこともなく一人で気ままに学校生活を送っています。別に仲間外れにされている訳でもなく一人が気楽だし自由に動けるからと一匹狼の毎日だそうです。ある機会に専門機関で相談したところ「発達障害かもしれま […]

アスペルガーと言われても、伸びる芽がある

あきらめず、変化の可能性をさがしましょう 「アスペルガーではありません」と言い切れないが、レッテルをはってしまうことで、親も子も変化への努力を放棄してしまうところがある。「どうせこの子は治らへん病気やねんから、好きにさし […]

2014.03.20

不登校 3月になり留年が決まった。次の進路をどうするか

3月も半ばを過ぎました。「不登校で留年が決まり、次の進路をどうするか」と、頭を悩ませている親御さんもいらっしゃるでしょう。慌てて相談に来られる方が、この時期は多くなります。 進路を決める際に大切なのは、「留年する」「留学 […]

シリーズ記事

2011.06.10

1.発達障害と診断された親御さんの気持ち

我が子が発達障害と診断されたら親御さんは周りに理解してもらおう、我が子の足りない所を出来るだけフォローして生きやすくしてやろうと考える傾向にあるようです。 しかしそればかりでなく、本人を成長させ世間と上手く折り合いを付け […]

コラム一覧へ