発達障害と診断された親御さんの気持ち

我が子が発達障害と診断されたら親御さんは周りに理解してもらおう、我が子の足りない所を出来るだけフォローして生きやすくしてやろうと考える傾向にあるようです。

しかしそればかりでなく、本人を成長させ世間と上手く折り合いを付けながら生きていけるように導いていくことも大事だと思います。淀屋橋心理療法センターはそちらに重点を置きアドバイスしています。

関連記事

担任の先生からの「情報提供」が前進のきっかけになりました。

担任の先生からの「情報提供」が前進のきっかけになりました。 「学校」や「クラスメート」の話題を急に話しはじめたAさん、三学期から放課後登校を始めたB君、半年以上やすみ続けたのに四月からしっかり登校しはじめたC君、学校のプ […]

2013.01.25

特性3:「『おもしろい話があるのよ』で、よけい緊張してしまう」

道子(28才過食症暦5年)のカウンセリング治療から 「あのね、おもしろい話あるのよ」と言って誰かが話始めると、たいていの人は「え、なになに」と言って、うれしそうに身を乗り出して聞くことと思います。ところが摂食障害の人はそ […]

「挫折」から「悪い先輩との夜遊び」へ。しかし・・・【前編】

S太は小学校からずっとサッカーを続けてきた。中学でもサッカー部に入り、一年生のうちにレギュラーの座も獲得した。そんなS太を悲劇がおそったのは中2の4月。練習中に利き足を骨折してしまったのだ。全治数カ月。ここからS太の非行 […]

シリーズ記事

2011.06.10

1.発達障害と診断された親御さんの気持ち

我が子が発達障害と診断されたら親御さんは周りに理解してもらおう、我が子の足りない所を出来るだけフォローして生きやすくしてやろうと考える傾向にあるようです。 しかしそればかりでなく、本人を成長させ世間と上手く折り合いを付け […]

コラム一覧へ