発達障害(学習障害)と言われて

小6の頃のI君は漢字を覚える事が大の苦手で小1の漢字さえ危うい状態でした。担任の先生に発達障害の一つである学習障害と言われました。「これから高校、大学とこの子の将来は・・・」と心配そうなお母さん。「苦手な所ばかり目を向けるのではなくI君の得意分野を伸ばしましょう」というカウンセラーの言葉に、お母さんは苦手な国語の分野を気に病むのは止められました。そしてI君の得意な数学の成績を認め誉めることに気持ちを向けていかれました。その後数学の成績は順調に伸びていきI君も自信を付けていきました。そして苦手だと決め付けていた国語の分野も読解力や思考力は充分にあることにも気付かれました。

子供の時に発達障害というレッテルを貼られると本人も親御さんも「仕方がない」と諦めがちになられます。得意な事を伸ばすことでその子の人生が大きく変わっていくこともあるのです。

関連記事

事例 家業を継いで 男性38才、うつ病からの立ち直り(チェック・リストが役立った)

企業に三年勤務後、家業に。翌年うつ病に 事例紹介 商社の海外派遣社員として三年間勤務。仕事も順調にのりだしたころ実家の父親から「家業の印刷業を継げ」という命のもと、退社した。翌年の春ごろからうつっぽくなり、仕事ができなく […]

性格・行動関連編:無表情

表情のない子でも、心のなかは豊かな子もいるよ 子どもは元来むじゃきで、表情がゆたかな者という印象があります。でも表情がないからと言って「この子は、子どもらしくない」と、決めつけてしまわないように。 不登校で来所していた佳 […]

質問6:「家族いっしょの食事がいや。一人で食べたい」と言う娘に、不安な母親(幸美15才、過食症暦1年)

摂食障害(過食症・拒食症)の子どもをもつ親御さん、とくにお母さんが多いのですが、いろんな不安や疑問をお持ちです。カウンセリング相談(セラピー)をとおしてよく聞かれる内容とアドバイスを、まとめてお話したいと思います。 母親 […]

シリーズ記事

2011.05.21

1.発達障害(学習障害)と言われて

小6の頃のI君は漢字を覚える事が大の苦手で小1の漢字さえ危うい状態でした。担任の先生に発達障害の一つである学習障害と言われました。「これから高校、大学とこの子の将来は・・・」と心配そうなお母さん。「苦手な所ばかり目を向け […]

コラム一覧へ