発達障害(学習障害)と言われて

小6の頃のI君は漢字を覚える事が大の苦手で小1の漢字さえ危うい状態でした。担任の先生に発達障害の一つである学習障害と言われました。「これから高校、大学とこの子の将来は・・・」と心配そうなお母さん。「苦手な所ばかり目を向けるのではなくI君の得意分野を伸ばしましょう」というカウンセラーの言葉に、お母さんは苦手な国語の分野を気に病むのは止められました。そしてI君の得意な数学の成績を認め誉めることに気持ちを向けていかれました。その後数学の成績は順調に伸びていきI君も自信を付けていきました。そして苦手だと決め付けていた国語の分野も読解力や思考力は充分にあることにも気付かれました。

子供の時に発達障害というレッテルを貼られると本人も親御さんも「仕方がない」と諦めがちになられます。得意な事を伸ばすことでその子の人生が大きく変わっていくこともあるのです。

シリーズ記事

2011.05.21

1.発達障害(学習障害)と言われて

小6の頃のI君は漢字を覚える事が大の苦手で小1の漢字さえ危うい状態でした。担任の先生に発達障害の一つである学習障害と言われました。「これから高校、大学とこの子の将来は・・・」と心配そうなお母さん。「苦手な所ばかり目を向け […]

関連記事

2012.11.15

気付き(アスペルガー 発達しょうがい)

アスペルガー 発達しょうがいの人で自分が嫌いだ自信がないと自己評価の低い人を沢山みてきました。もったいないと思います。自分が短所だと思っている所は裏を返せば長所になる所が結構あるのです。 我々はまずそれに気付いてもらうお […]

2011.10.14

発達障害 アスペルガー症候群と診断後 家族の対応

発達障害やアスペルガー症候群と診断された方からの問い合わせがあります。親御さんが悩んでおられるのは、診断名が出て、その後家族がどう対応すればよいかという事です。 あるケースでは、小学校高学年の時、学校から病院を受診するよ […]

2012.05.25

完璧主義(アスペルガー 発達しょうがい)

「あーあ 又だ」とお母さんは思わず溜息が出ました。小6のK君の国語のテストの答案です。それを見ると半分以上白紙の状態です。 「ねぇKくん、この問題なんてア、イ、ウの中から選べだよ。とにかくどれか書けば、1/3の確立で当た […]

記事一覧へ