発達障害(学習障害)と言われて

小6の頃のI君は漢字を覚える事が大の苦手で小1の漢字さえ危うい状態でした。担任の先生に発達障害の一つである学習障害と言われました。「これから高校、大学とこの子の将来は・・・」と心配そうなお母さん。「苦手な所ばかり目を向けるのではなくI君の得意分野を伸ばしましょう」というカウンセラーの言葉に、お母さんは苦手な国語の分野を気に病むのは止められました。そしてI君の得意な数学の成績を認め誉めることに気持ちを向けていかれました。その後数学の成績は順調に伸びていきI君も自信を付けていきました。そして苦手だと決め付けていた国語の分野も読解力や思考力は充分にあることにも気付かれました。

子供の時に発達障害というレッテルを貼られると本人も親御さんも「仕方がない」と諦めがちになられます。得意な事を伸ばすことでその子の人生が大きく変わっていくこともあるのです。

シリーズ記事

2011.05.21

1.発達障害(学習障害)と言われて

小6の頃のI君は漢字を覚える事が大の苦手で小1の漢字さえ危うい状態でした。担任の先生に発達障害の一つである学習障害と言われました。「これから高校、大学とこの子の将来は・・・」と心配そうなお母さん。「苦手な所ばかり目を向け […]

関連記事

2011.06.10

発達障害と診断された親御さんの気持ち

我が子が発達障害と診断されたら親御さんは周りに理解してもらおう、我が子の足りない所を出来るだけフォローして生きやすくしてやろうと考える傾向にあるようです。 しかしそればかりでなく、本人を成長させ世間と上手く折り合いを付け […]

2012.12.12

全国から大阪(関西)へ(アスペルガー 発達しょうがい)

淀屋橋心理療法センターには全国から来所されています。ネットで大阪、関西で検索いただいている様です。治療費以外にも交通費そして時間を費やし、子供さんの為に必死で努力して下さっている親御さんと一緒に我々も全力で戦う毎日です。

2012.04.14

整理整頓 アスペルガー(発達しょうがい)

OLのK子さんのお話です。美味しそうなケーキを見つけたので買って帰りました。家に帰って冷蔵庫を開けてびっくり。同じ様なケーキがすでに冷蔵庫に入っています。そういえば一昨日買ったことを思い出しました。K子さんは賞味期限が迫 […]

記事一覧へ