発達障害(アスペルガー症候群)の子の扱われ方

アメリカに滞在経験のある人から、こんな話をきいたことがあります。

日本ではアスペルガー症候群は「発達障害」の一つとして区分されているように、何かしらの障害を抱えている人という印象が強く、「人とのコミュニケーションがうまくとれない子」「変わり者・変人」など、とてもネガティブに扱われる場合もあるようです。

一方、アメリカではそうとは限らないらしいのです。あくまで一部の方からの情報ですが、アスペルガー症候群の子を「特殊能力を持った優れた子」「独創的で個性的な子」など、とてもポジティブに扱われ、様々な専門機関で重宝がられているという話を聞きました。

これは、日本が「調和」を大事にすることに重点をおいているため、集団生活や共同作業がうまくできる子を「良い子」と解釈しているからでしょうか。もちろん、それはそれで大事なことですが、「障害」というレッテルを貼ることには疑問を抱いてしまいます。

「とても個性的で優れた能力をもった子だから、才能の芽をどんどん伸ばしてやりましょう」なのか「障害をもった子だから、暖かい目で見守ってやりましょう」なのか。

淀屋橋心理療法センターは、もちろん前者の立場です。

関連記事

2014.12.25

【不登校】何を言っても文句を言う反抗期の子の対応

小学校高学年や中学生ぐらいになると、親がちょっとしたことを言っただけでも「えー、めんどくさい!」と、真っ先に嫌そうな返事をするようになる子も多いと思います。もちろん、「まだまだ子どものクセに生意気な!」「反抗期だから仕方 […]

2015.01.17

小学3年生の不登校の同伴登校で

不登校の小3のJ君はお母さんと一緒なら教室に入ることができるようになりました。お母さんは教室の一番後ろの隅でJ君の様子を見守っています。J君も時々振り向きながらお母さんの姿を確認し隣の席の友達とふざけあったり笑い合ったり […]

4.「雨ふって地固まる」みたいに良くなってきた過食症(美佐 22才 OL)

摂食障害:美佐 22才 本屋勤務 過食歴6年 必死で両親の仲をとりもつ美佐 「なんだ、この部屋は。いつもきれいにしてくれって言ってるだろう」と、居間に入ってくるなり父親が大きな声をあげました。「はい、はい。わかってますよ […]

シリーズ記事

2011.09.14

1.発達障害(アスペルガー症候群)の子の扱われ方

アメリカに滞在経験のある人から、こんな話をきいたことがあります。 日本ではアスペルガー症候群は「発達障害」の一つとして区分されているように、何かしらの障害を抱えている人という印象が強く、「人とのコミュニケーションがうまく […]

コラム一覧へ