発達障害(アスペルガー)の知識

今世間では発達障害(アスペルガー)が流行している様に思います。「ちょっと私たちとは感覚が違うな。この子発達障害(アスペルガー)じゃないかな」と親御さんが先にレッテルを貼り、専門家の所に相談に来られる場合が増えました。

ネット社会の昨今、いくらでも発達障害の事を調べられるし、当てはまると思われる事が一つでもあれば「やっぱり間違いない」と確信を持たれるのではないでしょうか。

大事な子供さんの事だから気になり調べるというのは親心として当然です。ただ、これだけ情報が氾濫している事で、よけい不安に駆られることもきっとあると思います。

淀屋橋心理療法センターでは発達障害(アスペルガー)を独自の基準で判断、分析し治療方針を示していきます。「心配していた我が子の持ち味が成長の過程であり長所でもあるんだ」と安心して帰られる親御さんも沢山いらっしゃいます。

関連記事

2014.06.19

ゲーム依存 リビングでPC

不登校で家にいる中学2年のG君はリビングのPCでずっとオンラインゲームをしているそうです。当然どうしても目に入るし「わー」とか「やった!」とかうるさいし、G君の方もお母さんがいるときは「ねぇお茶入れて」「そこのお菓子とっ […]

友だち・社会性関連:友だちができない

『友だちができない』(別冊PHPより) まわりに同世代の遊び友だちはいるでしょうか。小さい頃から子ども同士で遊ぶ機会が少ないと、ゆずったり我慢したりができず、わがまま、かってものと言われて、友だちができにくくなります。お […]

息子の暴力に悩むお母さんへの手紙─「見守りましょう」は落とし穴

拝啓、おたより拝見しました。 1月も終わりに近づき寒さもいちだんと厳しくなってまいりました。高校一年生の息子さんの家庭内暴力で悩んでおられるご様子、お察しいたします。ご参考になればと思い、当センターで対応した治療体験をも […]

シリーズ記事

2011.06.24

1.発達障害(アスペルガー)の知識

今世間では発達障害(アスペルガー)が流行している様に思います。「ちょっと私たちとは感覚が違うな。この子発達障害(アスペルガー)じゃないかな」と親御さんが先にレッテルを貼り、専門家の所に相談に来られる場合が増えました。 ネ […]

コラム一覧へ