日常生活関連編:夫や子どもがちらかす

「ちらかった部屋をみると、いらいらしてしまう」というお母さんは多いようです。子どものあとを追っかけて、朝昼晩と一日中掃除機をかけているとか。そして許せないのが夫のちらかし。子どもといっしょになって遊んでくれるのはうれしいけど、後はちらかしっぱなし。何度いってもダメなようです。

『夫や子どもがちらかす』(別冊PHPより)

私も仕事をもって三十年。職場をあちこちかわりながら、これまで働いてまいりました。そこで気がついたことは、「後始末ができない男性が多いなあ」ということです。使ったら使いっぱなしなんです。家の外でこうなのですから、家庭ではいわんや。やれやれ、奥さんの苦労が目に見えるようだわ、と心のなかでつぶやくこともあります。

夫がちらかすくせは、あきらめましょう。身についたさびはこすってもとれません。それより大事なのは子どもです。「おもちゃも本もみんな遊び疲れたから、おうちに帰してあげましょうね」とか言いながら、いっしょに片づけてあげます。「使い終わったら、次の人が使いやすいように元の場所にもどしておこうね」。幼ければ幼いほど後片づけの習慣は身につきます。そのうち「パパ、出したらしまうんだよ」と、言ってくれるようになるかもしれません。

ま、しかし弁護するわけではありませんが、どんなにちらかった部屋でも三十分もあればきれいになります。この数字は、家庭内暴力で子どもが暴れて、部屋中のものをけったり倒したり投げたり「もう足の踏み場もないくらい」と、嘆くお母さんから聞きました。夫や子どもがちらかすといっても、程度はしれています。「ちらかすのは元気な証拠だわ」と、割り切るのも一つですよ。

関連記事

2014.06.27

【非行】バイト先の飲食店に親を誘う高校生の心理

高校生の非行の子をお持ちの親御さんにとって、非行の子は「親に反発ばかりしている子」という固定概念があると思います。確かに耳の痛いことを言われたり、重たい話をされると嫌がって反発する子は多いし、中には極端に親を避ける子も。 […]

高校生の不登校は早期対応が重要・・・解決率も大幅にアップ

高校生の不登校は早期対応が重要・・・解決率も大幅にアップ 高校生の不登校は小学校や中学校とちがってタイムリミットがあるのが特徴です。また長引くと親との対立に頭を悩ませることになります。せかされても子どもの考えはまとまらな […]

2013.10.02

大学生の不登校

大学生でも不登校というのでしょうか。ネットゲームばかりして昼夜逆転で・・・ 息子は下宿してるので親が知った時点ではもう留年決定でした。息子は大学を中退するつもりなのか自分の意見をはっきり言わないのでわかりません。中学や高 […]

シリーズ記事

1.日常生活関連編:夫や子どもがちらかす

「ちらかった部屋をみると、いらいらしてしまう」というお母さんは多いようです。子どものあとを追っかけて、朝昼晩と一日中掃除機をかけているとか。そして許せないのが夫のちらかし。子どもといっしょになって遊んでくれるのはうれしい […]

コラム一覧へ