土・日・祝日、夜間もカウンセリング治療が可能です

お仕事をおもちの方にも利用していただきやすいように、土曜日日曜日祝日もカウンセリングを行っています。また夜間は最終面接が8時スタートまでご予約できます。

シリーズ記事

1.時間をかけてじっくりとお話をお聞きします

家族の問題や心の症状は、もつれた糸のようにからみあっています。じっくり時間をかけることで落ち着いてご相談いただけます。いま悩んでおられるあなたのお気持ちにそって、腰をおちつけてお話をおききします。 初回面接では「問題解決 […]

2.土・日・祝日、夜間もカウンセリング治療が可能です

お仕事をおもちの方にも利用していただきやすいように、土曜日、日曜日、祝日もカウンセリングを行っています。また夜間は最終面接が8時スタートまでご予約できます。

3.本人だけでなく家族にも対応のアドバイスをさしあげます

次のようなことでお困りのご家族はいらっしゃいませんか? 「本人にどう対応したらいいかわかりません」 「『あせらず見守りましょう』って言われたんですけど、ぜんぜん変わらなくて」 「よかれと思ってやったことが裏目にでてしまっ […]

4.カウンセリングに経験豊かな精神科医師(治療暦40年)と、症状別ベテランカウンセラー(カウンセラー歴30年)

精神科の医師が、家族療法をベースにしたカウンセリングをおこなっています。「病院に行くべきか、カウンセリングがいいのか」と迷っておられる方にも、まちがいのない医学的/心理的な判断ができます。それゆえ幅びろい症状に対応するこ […]

関連記事

頑張るお母さんは疲れが心配(美香29才 摂食障害・過食症とひきこもり)

過食症でひきこもりになった娘さんのご両親が、この春からカウンセリングに来所されている。いつも二人でそろってこられ、待合い室でも仲よさそうに話をされている。29才になる次女の美香さんが、二年前から過食症に、その半年後にはひ […]

2010.03.23

お電話では「不登校」の相談。実は「非行」の相談だった。

淀屋橋心理療法センターには「非行専門外来」を設けていますが、最初のお電話の段階で「非行」という用語(言葉)を使って相談される方はあまりおられません。そのため、他の相談内容で来所された時点で、実は「非行」や「非行傾向」で困 […]

ひきこもりタイプの不登校

「ひきこもり」の「五段階」 「ひきこもり」の深刻度・解決の難易度のチェックリストです。((C)淀屋橋心理療法センター2002) 第1段階(登校はしている、または、時々休む) 身体がだるそうで、朝なかなか起きてこない。父親 […]

コラム一覧へ