中学2年生のひきこもりで

中学2年生のH君の相談です。不登校になりひきこもって2ヶ月が過ぎました。もともと優しい大人しいH君。友人関係で気を使い疲れ果てたようです。

自室でゲームをしたりDVDを見たりして日がな一日過ごしている姿に親御さんも最初の頃は『心を癒す大事な時間だ』と見守っておられましたがそろそろ動き出してほしいなと思われています。

家では随分元気になり夕食時に家族でテレビを見ながら大笑いしたりクイズ番組で盛り上がったりしています。親御さんはそんなときに『たまには外食しょうか』『サッカーでも見に行こうか』と誘われているのですが『行かない』とH君は全く乗ってきません。このまま家にひきこもってしまうのではと親御さんも心配になってこられました。

今まで人に合わせて人の顔色を見て自分の気持ちを押し殺し緊張の連続の毎日だったのでしょう。彼が外に出られないのは他人と関わらないといけない恐怖や不安が頭の中を占めているからではないでしょうか。今はそれから目を反らしているのかもしれません。次のH君のステップアップのひとつとして家庭以外の場所に出てみる不安や恐怖と対峙することが必要です。

その為にはまず家庭以外の場所にどんな恐怖や不安を持っているのか親御さんに話せるようになることが意外と大事なのです。

関連記事

2014.02.19

小学校1年生の子の相談で(発達しょうがい アスペルガー)

小学校1年生のK君はいつも書写の宿題が雑だと担任の先生から注意を受けました。お母さんももちろんわかっていました。わずか20文字くらいの書写ノートの書き写しです。他の子ならどんなに丁寧に書いても30分もかからない宿題です。 […]

2013.09.25

ネット依存 ゲーム依存からの脱出(発達しょうがい アスペルガー)

中学生の頃から相談に来られていた現在22歳の会社員B介さんのお母さんの話です。「B介が言うんです『この前に買ったゲーム、一週間でまだ8時間しかしてないことに自分でもびっくりや』って」 どう言う事かというと、彼は小さい時か […]

2014.05.09

お母さんの罪悪感・・・2

不登校で相談に来られているK子さんのお母さんの話です。お母さんはスポーツジムもPTAのママさんバレーも止められたそうです。同級生のお母さんに会うのが辛いという理由です。その気持ちは充分わかります。止めて楽になったと言われ […]

シリーズ記事

2014.12.18

1.中学2年生のひきこもりで

中学2年生のH君の相談です。不登校になりひきこもって2ヶ月が過ぎました。もともと優しい大人しいH君。友人関係で気を使い疲れ果てたようです。 自室でゲームをしたりDVDを見たりして日がな一日過ごしている姿に親御さんも最初の […]

コラム一覧へ