担任の先生からの「情報提供」が前進のきっかけになりました。

担任の先生からの「情報提供」が前進のきっかけになりました。

「学校」や「クラスメート」の話題を急に話しはじめたAさん、三学期から放課後登校を始めたB君、半年以上やすみ続けたのに四月からしっかり登校しはじめたC君、学校のプリントに目を通しはじめたDさん。年齢や状況はさまざまですが、このところ多くの子がいろんな進展をみせてくれています。それまで「学校」という言葉がタブーだったり、「学校なんかもう行かない!」と言い切っていた子たちに変化が訪れたのです。特にこれらのきっかけをつくって下さった担任の先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。どの先生にも共通してお願いしたこと、それは「情報提供」でした。

とりわけ「よもやま話」が役にたちました。「○○さんが学級委員に選ばれた」「席替えをして配置はこんな風になっている」「休み時間には半分がグループでおしゃべりし、半分が一人で本を読んだり絵を描いている」「最近のホームルームは十分ぐらいで終わっている」「今日Y君とH君がケンカした」「花粉症で鼻をぐずぐずしている子が五人ほどいる」「昼休みに図書室を利用する子が増えている」「最近は『モー娘。』が一番人気のようだ」・・・こんな感じです。

こういった何気ない情報の方が学校のイメージも浮かびやすくなる上、家族間での話題にものぼりやすくなるのです。おまけに担任の先生に対する信頼感や安心感が増します。情報提供の方法も「週に一回訪問して下さり他の日はFAXで流して下さる先生」「毎日のように電話で教えて下さる先生」「メールを親と子それぞれに送って下さる先生」など様々です。これからもどうぞよろしくお願いします。

関連記事

職場の人間関係がしんどくて、毎日が不安でつらくて(30才 男牲)

職場の人間関係がしんどくて、毎日が不安でつらくて(30才 男牲) 会社に入って8年目。かなり仕事に対してもやれる自信がついてきました。ところが人間関係の悪さに悩まされています。上司のやり方のまずさからか、非常に風通しの悪 […]

2003.01.21

ギリギリ再登校

新しい年が明け、年度末が近づいてきました。これまで子どもさんの不登校で悩みつづけてこられたご両親にとって、そろそろ「学年の変わり目の方が行きやすいだろう」「四月からは何とか」と、次の学年に目を向けはじめる方が増えてくる時 […]

2012.06.29

5.卒業と同時にデザイン事務所に就職できた美樹。得意な絵を評価してもらえる職場だからやめたくない。(美樹 21才 過食症歴4年)

美樹は過食嘔吐に苦しんだ大学生活にめげず、卒業と同時に就職を果たしました。しかし完全に治ったわけではありません。なにかストレスがかかるとどうしても過食嘔吐のほうへ逃げてしまいます。 過食した後の嘔吐で体力も気力もダウン […]

シリーズ記事

1.担任の先生からの「情報提供」が前進のきっかけになりました。

担任の先生からの「情報提供」が前進のきっかけになりました。 「学校」や「クラスメート」の話題を急に話しはじめたAさん、三学期から放課後登校を始めたB君、半年以上やすみ続けたのに四月からしっかり登校しはじめたC君、学校のプ […]

コラム一覧へ