対談の目的は「治療が成果をあげること」

12月の全体会議でこれから「スタッフ対談」を持とうということになりました。

「治療がうまくいくためにはどうしたらいいか」という視点から、多くのテーマをとりあげていきたいと考えています。幸い当センターのスタッフはいろんな立場の人で構成されているので、いろんな角度から意見がだされるのではと期待しています。

「家族療法─エコロジカル・アプローチ」という治療方法を主流として当センターは治療を行っているのですが、それを家族のみなさんに理解していただけるように、対談をすすめていきます。

「治療が成果をあげるためには、どんなことが大切か」と考えていると、いろんなテーマが浮かんできます。まず一回目の対談は「治療間隔」です。一つのテーマを一つの文章にまとめることは難しく、一人の考えで断定しがちにもなります。いろんな角度からいろんな立場の人が、自由に意見を言えたほうがいいでしょう。こなれた内容になるものと思い対談形式をとることにしました。

今後シリーズで続きますので、乞うご期待!

関連記事

「治療間隔」について―さまざまな立場から

週一回の来所が治療効果をあげるベストの間隔 医師:精神科医&セラピスト セ1:セラピスト(治療者) セ2:セラピスト(治療者) 事務:電話受けおよび事務担当 母親:事務担当、三児の母 医師:ここは予約診療なので、治療間隔 […]

シリーズ記事

1.対談の目的は「治療が成果をあげること」

12月の全体会議でこれから「スタッフ対談」を持とうということになりました。 「治療がうまくいくためにはどうしたらいいか」という視点から、多くのテーマをとりあげていきたいと考えています。幸い当センターのスタッフはいろんな立 […]

2.「治療間隔」について―さまざまな立場から

週一回の来所が治療効果をあげるベストの間隔 医師:精神科医&セラピスト セ1:セラピスト(治療者) セ2:セラピスト(治療者) 事務:電話受けおよび事務担当 母親:事務担当、三児の母 医師:ここは予約診療なので、治療間隔 […]

コラム一覧へ