性格・行動関連編:吃音

『吃音』(別冊PHPより)

小さい子は焦ってしゃべろうとするので吃音になりがちです。それは落ちついてゆっくりしゃべれば解決 することですので、案外治りやすいものです。「あわてなくていいからね」と言ってやったり、会話の雰囲気 をやわらかな落ち着いたものに変えることで、自然に治ってしまうケースがたくさんあります。

ところが中学生以降になると、吃音は非常に治りにくくなります。その理由として、おそらく吃音が 「長期化」すると,コンプレックスから吃音を避けるしゃべり方を覚えるからだと考えられます。

たとえば「ですよね」という話し方が吃音を生む場合、「ですよね」を巧みに避けて、違う言い回しで しゃべる習慣がつきます。つまり、非常に難しい思考コースをとって、しゃべっているわけです。普通に リラックスして話すこととは、ほど遠いしゃべり方のパターンを身につけていくので、吃音が改善されず、 ますます潜行してしまうわけです。

おとなになれば吃音を恥ずかしいとは思わず、明るく生きようという人が多くなります。吃音の人たちは、 概して積極的で、しゃべるのが大好きな人が多いようです。ですから、吃音にこだわりをもたなくなったら、 非常に明るく、どんどん会話を楽しむのが、そうした人たちの特徴にもなっています。

関連記事

介護福祉士(24才男)5:テレビで養護老人ホームの番組をみても平気に

「職場のストレス・マネジメント」(メディカ出版)*という本を、母親が図書館でみつけた。息子の雄一が「うつ」と診断され職場を休職することになったのだ。 「母親としてどうしてやったらいいんやろ。もう大人やし、あれこれこまかく […]

2012.03.31

【非行】不良の子が素直になるとき

非行タイプの子は、常に「良くない子(不良)」というイメージがつきまといます。やっている行為(喫煙・深夜徘徊・たむろ・乱暴な言葉づかい)や、見た目のだらしなさ(金髪・ピアス・ルーズな服装・目つきの悪さ)等、なかなか良い面が […]

頑張るお母さんは疲れが心配(美香29才 摂食障害・過食症とひきこもり)

過食症でひきこもりになった娘さんのご両親が、この春からカウンセリングに来所されている。いつも二人でそろってこられ、待合い室でも仲よさそうに話をされている。29才になる次女の美香さんが、二年前から過食症に、その半年後にはひ […]

シリーズ記事

1.性格・行動関連編:チック

『チック』(別冊PHPより) 目をパチパチさせたり、肩をひくつかせたりして、それをしないと落ち着いていられない状態がチックです。元来、心配な病気ではありませんので、親があまり気にせず、そうっと見守っていれば自然に治ると言 […]

2.性格・行動関連編:引っこみ思案

「うちの子、学校から帰っても自分から遊びに行こうとしないんです」。お母さんの心配は、幼稚園に通う達也君の引っこみ思案な性格です。 幼稚園の個別懇談でも先生からこんな指摘を受けました。「達也君は、ちょっと変わってますね。『 […]

3.性格・行動関連編:吃音

『吃音』(別冊PHPより) 小さい子は焦ってしゃべろうとするので吃音になりがちです。それは落ちついてゆっくりしゃべれば解決 することですので、案外治りやすいものです。「あわてなくていいからね」と言ってやったり、会話の雰囲 […]

4.性格・行動関連編:粗暴・暴力児

『粗暴・暴力児』(別冊PHPより) 暴力児には二つのパターンがあります。まず、非行型の徒党を組む子は、「認められない」気持ちから、 「寂しさ」がつのって、同じような「仲間」に惹かれていく子です。こういう子は暴力以外にも、 […]

5.性格・行動関連編:動作がのろい・ぐず

幼稚園でお弁当を食べるのがいつもビリという子がいました。みんなお昼の外遊びで、元気よく走り回って いるのに、その子だけはいつも先生がそばについて「さあ、はやくたべましょうね」と、せかさないと終わりま せん。 懇談会で、先 […]

6.性格・行動関連編:無表情

表情のない子でも、心のなかは豊かな子もいるよ 子どもは元来むじゃきで、表情がゆたかな者という印象があります。でも表情がないからと言って「この子は、子どもらしくない」と、決めつけてしまわないように。 不登校で来所していた佳 […]

7.性格・行動関連編:落ち着きがない

疲労困憊してしまったお母さんがこられました。ご主人と一才半になる男の子もいっしょでした。 母:なんでこの子、こんなに動くんやろね。一時もじっとしてないんです。 父:あんたもそうやで。ずーとなんかしてんと、気がすまへんタイ […]

コラム一覧へ