性格・行動関連編:チック

『チック』(別冊PHPより)

目をパチパチさせたり、肩をひくつかせたりして、それをしないと落ち着いていられない状態がチックです。元来、心配な病気ではありませんので、親があまり気にせず、そうっと見守っていれば自然に治ると言われています。とくに子どもが小さいほど、自然治癒するようです。しかし、チックの裏に子どもの気持ちの不具合や不安が隠れているのかもしれませんので、長く続くようでしたら、専門の医師に診てもらうといいでしょう。

チックを気にする親はつい「やめなさい」と、言ってしまいがちです。言って止まればもうけもんですが、おそらく止まることはないでしょう。また、チックは体の他の場所に移動することもあります。肩のチックが目のチックになったり、首のチックになるという具合に変わっていくのです。それを利用して治療する方法もあります。

ともあれチックを示す子どもには、なにか訴えたいという気持ちがあるはずですから、きっかけがあれば聞き出すことはできるでしょう。まず、正攻法で「なにか悩みがあるの」と聞いてみますが、ふつうは「べつに」とか「なにもない」という返事しか聞けないと思います。そこで親はあわてずにゆったりと構えて、子どもの好きなことを一緒にやったり、お風呂に入ったり、話を聞いてやったりしているうちに、「あのね」と心のわだかまりが溶けて、チックが消えてしまうこともよくあります。

関連記事

2013.12.05

関西テレビで摂食障害(過食症)の番組が放映「キッチンイーター」(2013.11.25)

摂食障害(過食症・拒食症)のカウンセリング治療は、淀屋橋心理療法センター大阪 摂食障害専門外来で行っております。(06-6866-1510) ♦ キッチンイーター(Kitchen Eater)  先日関西テレ […]

母親の「笑い」がすべての深刻さをうやむやに

娘が過食にかかって三年。なのにかるーく考えている母親 父親が本屋さんでさがしてきた。当センターが出した「過食・拒食の家族療法」を、母親に「読め」と言う。「早くここへ行って相談してこい。もっと美沙(23才)にかかわってやら […]

『過食症と拒食症』危機脱出の処方箋 第3話(母親との関係が・・・2)

『過食症と拒食症』 ― 危機脱出の処方箋 ―  福田俊一、増井昌美著 (星和書店、2001)より 本書は淀屋橋心理療法センターで治療したケースをもとに執筆、星和書店より出版したものです。本文のなかから症例や治療のポイント […]

シリーズ記事

1.性格・行動関連編:チック

『チック』(別冊PHPより) 目をパチパチさせたり、肩をひくつかせたりして、それをしないと落ち着いていられない状態がチックです。元来、心配な病気ではありませんので、親があまり気にせず、そうっと見守っていれば自然に治ると言 […]

2.性格・行動関連編:引っこみ思案

「うちの子、学校から帰っても自分から遊びに行こうとしないんです」。お母さんの心配は、幼稚園に通う達也君の引っこみ思案な性格です。 幼稚園の個別懇談でも先生からこんな指摘を受けました。「達也君は、ちょっと変わってますね。『 […]

3.性格・行動関連編:吃音

『吃音』(別冊PHPより) 小さい子は焦ってしゃべろうとするので吃音になりがちです。それは落ちついてゆっくりしゃべれば解決 することですので、案外治りやすいものです。「あわてなくていいからね」と言ってやったり、会話の雰囲 […]

4.性格・行動関連編:粗暴・暴力児

『粗暴・暴力児』(別冊PHPより) 暴力児には二つのパターンがあります。まず、非行型の徒党を組む子は、「認められない」気持ちから、 「寂しさ」がつのって、同じような「仲間」に惹かれていく子です。こういう子は暴力以外にも、 […]

5.性格・行動関連編:動作がのろい・ぐず

幼稚園でお弁当を食べるのがいつもビリという子がいました。みんなお昼の外遊びで、元気よく走り回って いるのに、その子だけはいつも先生がそばについて「さあ、はやくたべましょうね」と、せかさないと終わりま せん。 懇談会で、先 […]

6.性格・行動関連編:無表情

表情のない子でも、心のなかは豊かな子もいるよ 子どもは元来むじゃきで、表情がゆたかな者という印象があります。でも表情がないからと言って「この子は、子どもらしくない」と、決めつけてしまわないように。 不登校で来所していた佳 […]

7.性格・行動関連編:落ち着きがない

疲労困憊してしまったお母さんがこられました。ご主人と一才半になる男の子もいっしょでした。 母:なんでこの子、こんなに動くんやろね。一時もじっとしてないんです。 父:あんたもそうやで。ずーとなんかしてんと、気がすまへんタイ […]

コラム一覧へ