親子関連編:過保護・過干渉

不登校の中学一年生のお母さんが来所されています。話を聞いて心のなかで驚いています。毎朝、K子ちゃんを起こすことから日課が始まります。「お母さん、のどかわいた。ジュースもってきて」「お母さん、タオル。手がねたねたしてるの」。食べた食器はそのまんま。お母さんがみんな流しに運びます。脱いだ服も、下着も、みんなお母さんが後始末。う~ん、これ、なんとかしないと。

『過保護・過干渉』(別冊PHPより)

ひと昔まえなら、きょうだい四~五人といってもめずらしくなかったんです。今では一~二人がふつう。少子化時代だから、つい大事にしすぎるのも無理はないのですが。

子どもが幼いころは、過保護・過干渉でもいいでしょう。まだ自我も小さい芽ですし、かまってあげるほうがすくすく育ちます。問題となるのは、自分で自分のことができるようにしつけていかないといけない年齢になってもまだ親が手を出し、口を出していること。小学生ごろから、この準備はスタートしています。

自己管理ができないと子どもはとても不便だし、お母さん自身も手を抜くことができず疲れてしまいます。不登校で来所のお母さんの話です。

使い捨てコンタクトレンズの取り替えを中学三年になってもできないで、いつも「取り替える時期ですよ」と言ってもらい、してもらい。こんなわけですから、集団生活も自分で自分のことがうまくできません。

小学生にあがったら、少しづつ自分で自分のことができるようしむけてあげましょう。コツは次の三つです。1、「ああしなさい、こうしなさい」と、行動の指示をしない。2、「それはだめ。こうじゃない」と、親がすぐに結論を言わない。3、子どもに代わって代弁、代行しない。

子どもは自分でできることで喜びを感じ、自身をつけていきます。集団の中でも自信をもって自分を前に出していけるのです。

子育てでいちばん大事な「子を思う気持ち」はあるわけですから、自信をもって、ただその出し方は工夫しましょう。

関連記事

2013.04.10

5.食べ物への「こだわり」が強くて。カロリーやグラムにも「こだわり」が。みそ汁の具で母親と大げんかになった恵子さん。

過食症の人のほとんどが食べ物のもつカロリーや重さ(グラム)にこだわります。お腹が減って食べ物を前にしても「食べたい、いや太るからだめ」と、こんなせめぎ合いがぐるぐると頭の中を駆けめぐっています。「太る=醜い、やせる=美し […]

2011.12.19

4.リストカットの切り抜け方がわかって、ひと安心のお母さん(その1)

あゆ美は高校一年生です。勉強も部活も一生懸命頑張って、とても良い成績を出していました。先生方の評判もよくお母さんは安心していました。 ところが一つ気にかかっていることがありました。それは「三ヶ月ほど前から、あゆ美がリスト […]

2011.02.15

思春期の芽生え…ほんとうの自分が芽を出してくるが、伸ばし方がわからない、心のすき間にやせ願望が

【拒食症はなぜ起こるの?】 摂食障害には拒食症と過食症があります。なぜこのような病気を発症するのでしょうか。ここでは主に「拒食症」を取りあげてお話ししましょう。昔から若い女性に多くみられる症状ですが、最近では男性の症例も […]

シリーズ記事

1.親子関連編:過保護・過干渉

不登校の中学一年生のお母さんが来所されています。話を聞いて心のなかで驚いています。毎朝、K子ちゃんを起こすことから日課が始まります。「お母さん、のどかわいた。ジュースもってきて」「お母さん、タオル。手がねたねたしてるの」 […]

2.親子関連編:甘える

「甘え」は、心の養命酒 K子さんは5年前から過食症で苦しんでいます。今25才ですから20才のときに発症したと言えます。きっかけは「ダイエット」。「やせたい、スマートになりたい」というやせ願望にとらわれて、だんだんはまって […]

3.親子関連編:子どもの「ひっつき虫」と、お母さんのヒステリー

幼い子ども(一才半)を連れた母親のケースです。面接中にこんな場面が出てきました。母親がなにか話そうとすると、ひざの上にあがってきて、母親の口をふさごうとします。「もう、この子は。あっちへ行ってって言ってるでしょう」と、切 […]

コラム一覧へ