親の対応(接し方)のアドバイス 気難しい子の対応は?(発達しょうがい アスペルガー)

発達しょうがい(アスペルガー)と言われているJ君はとても気難しい子です。少しでも気に入らないと不機嫌になり家族に当り散らすのです。お母さんは出来るだけ家族が平穏に過ごせるようにJ君が小さい時から常に彼の機嫌を伺い、気を遣い、不機嫌になりそうな要因を出来る限り取り除きながら生活して来られました。

外から見るとそれはよく気のつく最高のお母さんです。J君もお母さんの配慮で家の中ではリラックスして生活できていました。しかし一歩社会に出るとJ君にとってはイライラすることばかりです。家の中と外のギャップを少しずつ埋めていくために親御さんに対応(接し方)のアドバイスを始めました。

関連記事

ストレス・シリーズ(2)過剰ストレスは、なぜ症状を引き起こすのか?

日経新聞には、毎日のように働く人たちのストレスについての記事が取りあげられている。それだけ私たちの生活におけるストレス状態が当たり前のようになってきたということだろうか。つい先日は「重い職責、増すストレス」(04.11. […]

吐けない!太る!この恐怖をなんとかして!

「食べた後、吐くのに必死なの。苦しくて指をのどにつっこんで。やっと吐けた、やれやれ。でもね、体重計にのったらいつも1Kg増えてるの」。この瞬間から美佳のパニックがはじまる。「今でも太ってるのに。これ以上太りたくない。お母 […]

自然体で接してくれるお兄さんに感謝

「腫れ物にさわるような親の接し方は、息苦しくて」と清香(大学一年、19才)は言った。お父さんもお母さんも、清香の過食をなんとか治してやりたいと必死だ。セラピストから「できるだけ清香さんが、自分の気持ちを素直に言葉で伝えら […]

シリーズ記事

2013.10.18

1.親の対応(接し方)のアドバイス 気難しい子の対応は?(発達しょうがい アスペルガー)

発達しょうがい(アスペルガー)と言われているJ君はとても気難しい子です。少しでも気に入らないと不機嫌になり家族に当り散らすのです。お母さんは出来るだけ家族が平穏に過ごせるようにJ君が小さい時から常に彼の機嫌を伺い、気を遣 […]

コラム一覧へ