真弓(小学校6年不登校)【前編】

五年生の時、同じクラスのY子にイヤなことを言われたことをきっかけに真弓は学校を休みはじめた。真弓はもともと勝ち気だったもののY子には叶わなかった。Y子はクラスの女子をたばねるリーダー的な存在で、男子といえどもY子に逆らう者はいなかった。

真弓の気の強さはカウンセリング中でも健在だった。カウンセラー相手にも「タメぐち」で話し、母親の話がちょっとでも気にさわれば「ちがうやん!、○○や、○○!」とすぐさま修正した。カウンセラーは、これほど勢いのある子ならこの持ち味を再登校の原動力にしようと考えた。

しかし、真弓の勢いは学校の話題になるととたんにトーンが落ちた。六年生になってY子とクラスは分かれたものの、真弓の不安は消えることはなかった。やはり、学校にいけばY子の目がすごく気になるし、母親が学校の話題を出すだけで泣いてしまうこともあった。一方の母親も、ふだんは元気すぎるぐらいの子なだけに、いつしか真弓が落ちこむ話題は避けるようになっていた。

教室登校ができない間、真弓は登校時間をずらして別室(相談室)登校をしていた。そこでは物腰が柔らかで、穏やかなM先生が彼女の相手をして下さっていた。しかし、登校時の様子をきいたカウンセラーは今ひとつしっくりこないものがあった。M先生のおかげで別室登校は無理なくできるものの、そこでの彼女は「真弓らしくない」のだ。このままで果たして教室まで戻れるようになるのか・・。【後編へつづく】

シリーズ記事

1.真弓(小学校6年不登校)【後編】

「彼女に負けないぐらいのお元気な先生はおられないでしょうか」。カウンセラーの依頼をうけた母親は、真弓にぴったりの先生を捜すためさっそく小学校をおとずれた。そこで白羽の矢が立ったのは保健室のT先生だった。相談に訪れた母親も […]

2.真弓(小学校6年不登校)【前編】

五年生の時、同じクラスのY子にイヤなことを言われたことをきっかけに真弓は学校を休みはじめた。真弓はもともと勝ち気だったもののY子には叶わなかった。Y子はクラスの女子をたばねるリーダー的な存在で、男子といえどもY子に逆らう […]

関連記事

2008.03.03

非行の相談で「焦りが最大の敵」

淀屋橋心理療法センターのアシスタントスタッフとしてカウンセリングのお手伝いをさせていただいています。毎日の面接の中で印象に残ったお母さんのお話です。 S子さん(高1 非行)のお話です。 「常に福田先生に言われていた『焦り […]

2014.05.01

高校入学早々に非行仲間をつくってしまう子

中学や高校に入学してすぐの時期は、誰もが「友だちできるかなー」と不安でいっぱいです。特に非行の子が「高校」に入学した場合、他の子以上に「友だち欲しい願望」が強いため、注意が必要です。 「高校」は公立中学と比べ、入学試験を […]

2015.02.12

不登校:新学期・新学年・入学・転校などの節目に再登校

淀屋橋心理療法センター2年目の私がお電話を受けていますと、不登校のお子さんを持つ親御さんは、新学期や新学年、新しい学校が始まる時などのような節目(区切り)を良いチャンスと考えて再登校を期待されている方が多いようです。 例 […]

記事一覧へ