新型うつと診断されて

仕事に対する意欲が無くなっていても趣味など好きなことは出来る状態を新型うつと言われているようです。

淀屋橋心理療法センターにも教員の方の相談が増えてきました。学校の現場ではいじめや自殺未遂、体罰問題と現場の大変さは計り知れないものがあります。そんな中でうつ状態になられる教師の先生方が増えてこられました。

「好きな釣りだけは楽しめるのですが。でも休んでいるのに釣りに行く罪悪感が強くて全く行っていません」とある教師の先生が言われました。我々は楽しめるものがあることは治療の糸口として大変ありがたい重要な事として受け止めています。

新型うつと診断され辛い日常の中でも楽しめる事が残っていることを最大限利用して治療を進めていきます。

シリーズ記事

2013.09.06

1.新型うつと診断されて

仕事に対する意欲が無くなっていても趣味など好きなことは出来る状態を新型うつと言われているようです。 淀屋橋心理療法センターにも教員の方の相談が増えてきました。学校の現場ではいじめや自殺未遂、体罰問題と現場の大変さは計り知 […]

関連記事

職場のストレス・マネジメント

職場のストレスマネジメント 福田俊一 精神科医・所長 増井昌美 家族問題研究室長 メディカ出版 1700円 1989年8月(初版) 「職場のストレス・マネジメント」 内容紹介 序章ビジネス社会と心の病 第一章 心の病とは […]

私って「うつ病」?ある主婦の方からの問い合わせで

迷って迷って、やっぱり自分ではどうにも出来ないと思いメールしました。 もしかしたら、私はうつ病では?とここ何カ月か思っています。何もやる気がおきない。でも、仕事はしなければいけない。毎日イライラして、子供にあたってはすぐ […]

ストレス・シリーズ(4)職場でよくみられるストレス症状(パニック)

事例(1)チーフとしての責任感から部下と衝突を(陽子編集者27才) 陽子さんはファッション雑誌の編集部勤務。デザイナー関係の取材を担当するグループのチーフをしている。ささいなミスをめぐって部下と争いをおこしてしまった。そ […]

記事一覧へ