小学3年生の不登校の同伴登校で

不登校の小3のJ君はお母さんと一緒なら教室に入ることができるようになりました。お母さんは教室の一番後ろの隅でJ君の様子を見守っています。J君も時々振り向きながらお母さんの姿を確認し隣の席の友達とふざけあったり笑い合ったり。随分明るくなってきた姿を『よかったなあ』とお母さんも嬉しく思われています。家に帰っても学校での出来事を楽しそうに話してくれて『そうそう ○○君寒そうだったよね』など一緒に時間を過ごしているお母さんだからこそ会話も一層盛り上がります。順調に再登校のステップを歩んでいるといえます。

お母さんもJ君の順調な経過はもちろん嬉しいのですが、お母さん自身は夜子どもが寝てから落ち込むことがあるそうです。親が学校で一緒に過ごしているのはやはり特別なことで、遠慮のない同級生からは『何故毎日教室にいるの?』とストレートに言われるし登下校のとき同級生の保護者の人に会うと『毎日大変ね』と同情や好奇の目で言われるのがつらいそうです。同伴登校は我が子のためだからこそできる尊い行動です。お母さんの子どもさんを思う大きな愛情に我々も感動します。そしてカウンセリングの場では愚痴や弱音を吐かれるお母さんをしっかりフォローできればと思います。

関連記事

2014.08.07

摂食障害(過食症・拒食症)のカウンセリング治療に、親ごさんの協力は不可欠

摂食障害(拒食症)のカウンセリング治療は、淀屋橋心理療法センター(大阪)の「摂食障害専門外来」で行っております。 (大阪府豊中市寺内2丁目13-49 TGC8-201(06-6866-1510)) (TEL: 06-68 […]

2015.11.18

【不登校】SNSを通して子どもの本音を知る親御さん

中学生・高校生を中心に今やほとんどの子が利用していると言っても過言ではないSNS。特に、「Twitter(ツイッター)」が中高生には大人気のようです。ツイッターに毎日の自分の気持ちを投稿したり、自分と趣味が似ている人の情 […]

2014.04.08

ひきこもりの相談で ネット依存から脱出したいあなたへ

2年間部屋にひきこもっているという17歳男性の方から相談のメールを受けました。 『毎日PCやスマホでゲームやブログ、ツイッター、LINEで過ごしています。このままではいけない、何とかこの生活から抜け出せないかと困っている […]

シリーズ記事

2015.01.17

1.小学3年生の不登校の同伴登校で

不登校の小3のJ君はお母さんと一緒なら教室に入ることができるようになりました。お母さんは教室の一番後ろの隅でJ君の様子を見守っています。J君も時々振り向きながらお母さんの姿を確認し隣の席の友達とふざけあったり笑い合ったり […]

コラム一覧へ