小学3年生の不登校の同伴登校で

不登校の小3のJ君はお母さんと一緒なら教室に入ることができるようになりました。お母さんは教室の一番後ろの隅でJ君の様子を見守っています。J君も時々振り向きながらお母さんの姿を確認し隣の席の友達とふざけあったり笑い合ったり。随分明るくなってきた姿を『よかったなあ』とお母さんも嬉しく思われています。家に帰っても学校での出来事を楽しそうに話してくれて『そうそう ○○君寒そうだったよね』など一緒に時間を過ごしているお母さんだからこそ会話も一層盛り上がります。順調に再登校のステップを歩んでいるといえます。

お母さんもJ君の順調な経過はもちろん嬉しいのですが、お母さん自身は夜子どもが寝てから落ち込むことがあるそうです。親が学校で一緒に過ごしているのはやはり特別なことで、遠慮のない同級生からは『何故毎日教室にいるの?』とストレートに言われるし登下校のとき同級生の保護者の人に会うと『毎日大変ね』と同情や好奇の目で言われるのがつらいそうです。同伴登校は我が子のためだからこそできる尊い行動です。お母さんの子どもさんを思う大きな愛情に我々も感動します。そしてカウンセリングの場では愚痴や弱音を吐かれるお母さんをしっかりフォローできればと思います。

関連記事

2015.03.19

完璧主義(完全主義)の相談で 進級進学を控えた春休みがチャンス

中学2年生の女子のケースです。起床時間、朝食のメニュー、食べる順番、歯磨きの時間、時間割の確認、着替えの順番、トイレタイム、出発・・・。毎朝分刻みにタイムスケジュール通り動かないと不登校になってしまう娘さんです。 親御さ […]

2012.10.18

1.「話のさいちゅう、急に黙り込んでしまって」….過食症の人によくあること

急に黙り込んでしまったり、不機嫌になったり 過食症の娘さんをもつお母さんから、「いっしょに楽しく話をしてると思ったら、子どもが急に黙り込んでしまうことがあって。私が何か気に障ること言ったかと心配になって。どうしてこんなこ […]

2013.03.05

ひきこもりの甘え下手だった子が甘えん坊に(発達しょうがい アスペルガー)

4人兄弟姉妹の長女として小さい時から仕事で忙しい親代わりに下の子の面倒をみてきたしっかり者のS美さん。25歳になり仕事でのつまずきからひきこもり。PCでネットショッピング、ネットサーフィン、オンラインゲームの毎日。スマー […]

シリーズ記事

2015.01.17

1.小学3年生の不登校の同伴登校で

不登校の小3のJ君はお母さんと一緒なら教室に入ることができるようになりました。お母さんは教室の一番後ろの隅でJ君の様子を見守っています。J君も時々振り向きながらお母さんの姿を確認し隣の席の友達とふざけあったり笑い合ったり […]

コラム一覧へ