出版本のご紹介:『過食症と拒食症』―危機脱出の処方箋―

2.『過食症と拒食症』― 危機脱出の処方箋

*出版社:星和書店(2001年)

*著 者:福田俊一(所長、精神科医)、増井昌美(過食症専門セラピスト)

「摂食障害へのエコロジカル・アプローチ」

日常の家族関係の中から危機脱出への手がかりを見つけ、治癒へと向かっていくためのヒントをドラマ風に紹介。(本書の帯より)

『過食症と拒食症』― 危機脱出の処方箋

第一章 親子の葛藤を乗りこえ、信頼関係をきずく

  1. 過食症と食べ物をめぐる親子げんか
  2. ◎「私の目につくところに食べ物おかないで」
    症例:過食になって初期のころよくある親子げんか(16才)

    ◎「治るの、治らないの、なんとかしてよ」
    症例:「過食がすすんで子は親を責め、親は疲れはててという泥沼の状態(20才)

    ◎「『過食は自分の意思の問題』と気づく。適切な対応で良い方向に」
    症例:「食べたらいけない物は、しっかりくるんで名前書いといて」(19才)

    ◎「朝のすったもんだを救った専用冷蔵庫と鍵つきの冷蔵庫」
    症例:冷蔵庫がいつもからっぽになるまでとまらない過食(18才)

    ◎「お母さん、食べだしたら止めてね」って言うけど..
    症例:「止めてね」と頼むから止めたのに、いつも親子げんか(16才)

    ◎「過食の大敵「母親への依存」を抑えられるか否かが鍵」
    症例:過食の買い物をすべて母親まかせ・まるで女王様と召使い(15才)
    症例:毎日三度、母親の手作り料理をたいらげては吐く(27才)

  3. 拒食症は食べ物をめぐる命との戦い
  4. ◎「ランチセッションに見る拒食―ガンコに食べないのはなぜ?」
    症例:「食を拒否するのは私の生きがい、自己主張の砦よ」(21才)

    ◎「拒食症と約束」
    症例:「体重三〇キロを割ったら入院です」と、きっちり約束を(17才)

    ◎「拒食症家族の変わりにくさ」
    症例:「うちの家族はゴムの壁。一度へっこんでもいつのまにか元に戻ってる」(28才)

  5. 母親との関係が過食症・拒食症の多くの要因に
  6. ◎しっかり母さんとおとなし娘のセットが多い(ポイント1~4)

    ◎子どもが厳しくなると、すぐメゲる母親の子も過食は治りにくい
    症例:「そんなにきつく言わないで。ママお腹が痛くなってきた」(21才)

    ◎娘の成長の証としての境界線を、母親が飛び越えている
    症例:「お母さん、私のことは私にまかせて。もう子どもじゃないんだから」(19才)

    ◎穏やか家族にせっかく起きた波風を、母親が静めてしまう
    症例:「お母さんがお父さんの夜食をつくればいいんでしょ」(21才)

    ◎男性中心社会への反発心、家庭にいる両親のあいだで同じことが
    症例:「お母さんはお父さんの言うことに、どうして従ってばかりなの」(25才)

    ◎親子でも相反するタイプゆえに生じる補完性ストレスから過食に
    症例:「そんなにせかさないで。食べる物くらいゆっくり決めさせてよ」(16才)

    他2症例あり

  7. 過食症・拒食症におよぼす父親の影響
  8. ◎「父親が恐くてなにも言えないストレスが、過食の引き金に
    症例:「お父さんの怒った顔と声が恐くくて、いまだにノーが言えないの」(24才)

    ◎父親との関係を改善するために工夫したいくつかの事例
    症例:「手紙書いてお父さんに私の気持ちをわかってもらった」(17才)

    他3症例あり

  9. 晴天の霹靂、おとなしい良い子が突然過食(拒食)症に
  10. ◎症例:母親に小さい頃のつらかった話しができるようになった(20才)

    他2症例あり

  11. 過食症・拒食症の子どもに第三者がからんでくると
  12. 母親との信頼関係を取り戻し、過食から立ち直る
    症例:「彼って過食のことわかってくれたはずなのに」(20才)

    かたくなに親を拒否する心をとかした親子対談
    症例:「親に言ってもムダ、何度話してもわかってくれない」(28才)

    彼との同棲生活が過食によい良い影響を与えて
    症例:彼に過食は隠しているけど、それが歯止めに(20才)

第二章 過食・拒食症が引き起こすさまざまな心の病

  1. 過食症とうつ症状
  2. ◎過食のあとのうつ症状は、立ち直る可能性のしるし
    症例:「落ち込む自分」を肯定できるかが鍵(20才)

    ◎「うつ症状の早期発見と家族の注意点―五つのポイント

  3. 過食症と不安神経症
  4. ◎抑えるとよけい増える不安、しっかりと向き合って
    症例:不安と向き合う力をつけよう(17才)

  5. 過食・拒食症とリストカット(手首を切る)
  6. ◎母と娘の距離感を見直すことで、リストカットを防ぐ
    症例:明るく頑張る子が突然(18才)

  7. 過食・拒食症と潔癖症
  8. ◎過食の後始末をせかされてから、手洗いがやめられず
    症例:手伝わないことが悪化させない秘訣(16才)

    ◎潔癖症のサインを早期発見し、親として気をつける点

  9. 過食症と対人緊張
  10. ◎太った自分を見られるのがいやで、外にもでたくない
    症例:純粋で根が正直な人がかかりやすい(19才)

第三章 家族療法は過食・拒食をどうみるか

  1. 過食・拒食症は成長のつまづき
  2. 過食・拒食症の治療に有効なエコロジカル・アプローチ
  3. これからの過食・拒食症の動向について

『過食症と拒食症』― 危機脱出の処方箋

本書は当センターで治療したケースをもとに執筆し、星和書店より出版したものです。ここでは全体像を知っていただきたく目次を紹介しました。本文には症例や治療のポイント、対応の注意点などをわかりやすく書いてあります。全文をお読みになりたい方は、本書をごらんください。なお本書は全国各地の主要書店にてお求めになれます。(¥1800)

関連記事

「手洗いがやめられない」から始まることが多い

強迫性障害(強迫神経症)を家族療法では、こうして治す 家庭でできる早期発見のサインは 外から帰ってきたとき、手を洗う時間が長いと感じる(三十分以上)。 石けんのなくなり方が早く、タオルがいつもぬれている。 ごまかしたりす […]

2014.04.08

(2)「完ぺき症」:拒食症の人は何事も完ぺきをめざす(佳奈 16才 高一 拒食症歴2年)

摂食障害(拒食症)のカウンセリング治療は、淀屋橋心理療法センターにある「摂食障害専門外来」で行っております。 (大阪府豊中市寺内2丁目13-49 TGC8-201(06-6866-1510) (TEL:06-6866-1 […]

2011.05.26

【不登校】休み休み登校できる力・遅刻早退しながらでも登校できる力

数ヶ月や一年以上も完全不登校だった子にとって、再登校しはじめの頃は体力的にも精神的にも疲れを感じやすく、毎日ヘトヘトになって帰ってくる子も多いでしょう。そんな子が、せっかく行き始めたと思ったら一ヶ月もたたないうちに学校を […]

シリーズ記事

2008.12.25

1.出版本のご紹介:摂食障害(過食症・拒食症)淀屋橋心理療法センターより出版の紹介

摂食障害(過食症・拒食症)に関する本を、淀屋橋心理療法センターより出版しています。みなさまのご参考になればと、一冊づつ内容についてご紹介していきたいと思います。 1.『克服できる過食症・拒食症』――こじれて長期化した過食 […]

2009.01.06

2.出版本のご紹介:『過食症と拒食症』―危機脱出の処方箋―

2.『過食症と拒食症』― 危機脱出の処方箋 *出版社:星和書店(2001年) *著 者:福田俊一(所長、精神科医)、増井昌美(過食症専門セラピスト) 「摂食障害へのエコロジカル・アプローチ」 日常の家族関係の中から危機脱 […]

2009.07.27

3.出版本のご紹介:『過食・拒食の家族療法』ミネルヴァ書房

『過食・拒食の家族療法』 *出版社:ミネルヴァ書房(1999年) *著 者:福田俊一(所長、精神科医)、増井昌美(過食症専門セラピスト) 【家族の力を生かす・・症状を乗り越えようとする子どもを支える】 「子どもがやせ衰え […]

コラム一覧へ