出版本「しぐさで子どもの心がわかる本」(PHP)のその後について

昨年の12月にPHP研究所から出版された「しぐさで子どもの心がわかる本」が、4月のはじめには 5刷に入ったという知らせが届きました。

またこれを読んでくださった他の出版社の編集部からも、同じような内容の特集を組みたいという申し入れもいただきました。書き手としては、たいへん嬉しいことです。ここで今いちどこの本について内容をまとめてお知らせしたいと思います。

『しぐさで子どもの心がわかる本』

第一部:子どもが出すしぐさの大切さについて書きました。毎日接しているのでよけいわかりにくい、見落としやすいわが子のしぐさを、今一度目を開いて見直していただきたいと思います。

1.子どもがだす「しぐさ」とは

  • 子どもの「しぐさ」には二種類ある
  • 見落とされやすい子どもの「しぐさ」

子どもを知る大切さ

  • いつものしぐさ、話し方のパターンを知っていますか?
  • 子どもの全体像を知る
  • 小さな良い変化に気づいていますか
  • 夫婦で情報を共有する大切さ

第二部:子どもがよく出す具体的なしぐさを40アイテム選びました。「うちの子だけかと思っていたけれど、よくあるしぐさなのね」と、安心していただけるのでは。しぐさの意味と、親としてはどう対応すればいいのかを説明しています。きっと接し方のヒントがえられるでしょう。アイテムのみになりますが、ご紹介しましょう。

  • やたらと「甘える」
  • 自分からやろうとしない
  • 反抗的な態度をとる
  • 友だちに乱暴なことをする
  • やたらと手を洗う
  • 目をパチパチさせる
  • 友だちの輪に入っていけない
  • 登校時になると不調を訴える
  • 体の不調を訴える
  • 学校の話をいやがる
  • 癇癪が強い
  • 自分から話そうとしない
  • 集中力がない
  • あまり食事をとらない
  • やたらと母親に体をくっつけてくる
  • おもらし、おねしょ
  • もじもじして言えない
  • 指しゃぶりをする
  • 自分の物を人に貸せない
  • 髪の毛をいじる
  • 足を交叉させてもじもじしている
  • 友だちの言いなりになっている
  • 集団のルールを守れない
  • 人と視線を合わそうとしない
  • 自分を傷つける
  • 落ち着きがない
  • いつも友だちとつるんでいる
  • 動作がのろい
  • 朝の動作や用意が遅い
  • 朝起こすと機嫌が悪い
  • あいさつができない
  • どもることが多くなった
  • 一人でできない
  • 寝付きが悪い
  • 用心深い、失敗をこわがる
  • 何をやっても不器用で時間がかかる
  • 「先生なんか嫌い」と言う
  • ぬいぐるみをよく抱きしめる
  • 無表情になってきた
  • 親の顔をちらちらと見る

以上40アイテムです。

詳しい内容をお読みになりたい方は、ぜひ本を購入してゆっくりとお読みください。尚この本は書店ではお求めできません。PHPの普及グループへご一報下さい。(075-681-8818)

2019.04.17  著者: 福田俊一 増井昌美

関連記事

2016.03.16

どこに行っても評価の高い摂食障害の娘

春から大学4回生になる過食症のお嬢さんについて、お母さんからお電話を頂きました。「うちの娘は、どこに行っても大人からの評価が高いんです。」と電話で少し誇らしげに仰るお母さん。お話を聞いていると、学校の先生からも、バイト先 […]

2018.03.09

うつ・適応障害の子:元気になって節約を始めた

うつ病や適応障害と診断された人がカウンセリングを受けて元気になってこられると、中には節約に興味を持ち出す方もいらっしゃいます。 例えば、カウンセリングを受け始めたばかりの頃は、どのお店で買物をするか特にこだわりはなかった […]

2018.01.25

家では元気な不登校の子どもにイライラしてしまう

学校に行けていないお子さんが家ではとても元気だと「ただ怠けているだけなのでは?」とイライラされている親御さんは少なくありません。複数の専門家から「お子さんはとても苦しんでいるのです」と説明され、なんとか我が子の悩みを理解 […]

シリーズ記事

2019.03.21

1.就職1年目の山場

去年は就活に追われ、やっと見つかった就職先で、1年間頑張り続けてきたけれど、要領よくやっている同僚に比べて、何故かミスをしてしまう。これではいけないと、沢山メモを取り、チェックリストも作って、(次は失敗しないぞ!)と仕事 […]

2019.03.12

2.出会いと別れの季節3月

新しい季節が始まろうとしています。出会いと別れの季節です。進学や就職、移動等々、変化の多い季節です。3月は、出会いというよりは、別れの季節でしょうか。 慣れ親しんだ生活に別れをつげて、新しい環境に飛び込むのは、期待半分不 […]

2019.03.08

3.不登校の子達が高校受験に見事合格!

今年も、不登校の中学生の子達が高校受験に合格したというお知らせが当センターに届き始めました。電話やメールで報告して下さった親御さん達、ありがとうございました。 普段はとても緊張する子が受験当日の朝に「割と良く眠れたわ」と […]

2008.11.10

4.大そうじ

淀屋橋心理療法センターの月一度の全体会議で、11月は少し早めに大そうじを行いました。所長からはおおまかな指示はあるものの、各々のスタッフが自主的に動けました。普段の全体の仕事の流れが頭に入っているので、「どう動けば効率的 […]

2008.12.26

5.新年に向けて スタッフより

もうすぐ今年が終わろうとしています。今年も早かった。毎年速度を増していきます。(←年を取った証拠なんだって。) 今年も沢山の方が相談に来られました。元気になっておられる方。まだ困難の真っ最中におられる方と様々です。みんな […]

2009.01.30

6.治療の見通し

「治療の見通しは教えてもらえますか?」 治療の途中で親御さんは、あとどのくらいかかるのだろうかと不安になる時があると思います。カウンセラーが治療の見通しを告げるのは、けがの全治何ヶ月などとは違って、本人さんの様子や家族の […]

2009.02.09

7.事前相談だけで来なくなる人

淀屋橋心理療法センターには、事前相談というシステムがあり面接を受けるかどうか迷っておられる方やどんなところなのか不安に思っておられる方の為に一度だけ無料で来所いただくことが出来ます。事前相談では、直接カウンセラーに会って […]

2009.02.17

8.離れて暮らしていても

「子供のことで相談したいのですが、一緒に住んでいないので大丈夫ですか?」 問題を抱えたお子さんが一人暮らしをされていらっしゃる場合に、親御さんが上記のような質問をよくされます。遠く離れたお子さんのことを思い、自分がそばに […]

2009.07.28

9.子育て中のお母さん、こう思いこんでいませんか?

おかあさん、こう思い込んでいませんか? 主婦同士で数人集まって話していると、例えば洗濯の仕方一つにしても5人いれば5通りのやり方があっておもしろいな、と思うことがあります。子育てにおいても、自分自身のやり方しか知らないの […]

2009.11.09

10.新しい家族になれるチャンス

アシスタントとしてお手伝いをして思うことがあります。 家族の誰かに何かが起こった時、その問題は摂食障害であったり、不登校であったり、当然表面的な事柄だけに目を奪われがちです。しかしその問題は本人だけの問題ではなく、その後 […]

コラム一覧へ