質問5:「よけいなことせんといて」

Q5:「なんでこんなよけいなことするんよ、お母さんは!」と、過食症の娘(康子28才)は怒っています。私が気を利かして買っておいたケーキを見たようです。過食しているとき「もうこんなけしかないの。食べる物もうないの。これじゃ吐けないよ」と言っていたので、余分に買っておいたほうがいいかな」と、思ったのですが。私がいけないんでしょうか?

「なんでこんなよけいなことするんよ、お母さんは!」と摂食障害(過食症)の娘(康子28才)

ケースの状況説明

お母さんはなかなか細やかな方で、いつも「娘にこれがいいか、あれがいいか」と考えて動かれています。それがうまくいって「お母さん、ありがとう。私これほしかったの」と感謝されることもありますが、「よけいなことせんといて。これが過食の引き金になってるってわからないの」と言われることもよくあります。この場合、康子さんの誕生日だったこともあってお母さんは、康子さんのお気に入りのモンブランを買ってテーブルの上においておきました。それが康子さんの怒りを買うことになり、はては過食の引き金になったとあってすっかりしょげておられました。

A:アドバイス

お母さんは一生懸命娘さんに気を使っておられるのですが、それが裏目にでてしまっています。以前にもこういう場面がありましたね。お母さんの思いと娘さんの願いがすれちがって。ちょっと思い出してみましょう。

母親:きのうのかぼちゃの煮物やけど、やっちゃん好きでしょ。残しておいたよ、ほら。食べる?

康子:いや、いいよ。今はいらない。これで十分よ。

母親:あーそうなん。でも足らなかったらいかんと思って、サツマイモもふかしてあるよ。

康子:お母さん、あのね、これで十分って言ってるのわからないの。

母親:そうは言っても足らないといかんと思って。

康子:もうやめてよ、よけいなことせんといてって!私がなんにも言ってないのに次々と食べ物だしてきて。足りないなんて一言も言ってないやないの。少しでも余分に食べたとたんに、「もう止まらない」となって、過食の引き金が引かれるんやから。

覚えておられますか、その時のアドバイスを。「娘さんの思いを大切に。やりすぎないようにしましょう」。これが、原則でしたね。「これで十分」と言ったら、「ああ、そうなの」と受けてそれ以上はすすめないようにします。ある時は「いらない」と言ったと思ったら、今日は「足らない」という言葉がでてきたりするかもしれません。過食モードに入ったときは、なかなか感情のコントロールが難しいのです。「矛盾したこと言ってるな」と思っても過食の波は大きく強く、本人はそれを修正できる余裕がなくなっていることをわかってあげましょう。時間がたって落ち着いているときに、いろいろ話し合えばわかりあえることがよくあります。

しかしお母さん、しょんぼりされることはありませんよ。娘さんがここまではっきりと「よけいなことせんといて」と言われていることは、大きな前進です。過食症の人は、なかなか自分のなかの「イヤなこと」が言葉で言えません。これが過食症の引き金になる大きなストレスにもなっていることがよくあります。本人の気持ちがだいぶ整理されてきて、治療の目安がはっきりしてきたと言えるでしょう。

日常のレベルで細かな表現がでてきたりすると、本人がグーンと成長しやすくなります。どうしてほしいか又してほしくないかがくっきりはっきり見えてくれば、過食が治る道筋をたどって行きます。

関連記事

「したいこと、言いたいこと、言えてますか?交渉力をつけようね」

アメリカへ行きたい。けど、お父さんに許してもらえるやろか?勇気をだして交渉を 「行きたい、行きたい。でも言い出せない」 「今度の夏休み、アメリカへ行きたい。映画でしかみたことないニュー・ヨークのビル。それに自由の女神。ナ […]

3.好きな物を用意して、母親から話しかけてみる

母親から先に話しかけてみると いつもは美雪から「お母さん、きて」と、呼ばれてから母親は部屋へ行っていた。そこでさんざん愚痴や不満を聞かされて。「もうええやないか」と母親が言うと、「なにゆうてるんや。あんたらの育て方が悪い […]

立ち直りかけたとき、うつの波が押し寄せて

第一志望の大学に合格しました!と、喜びもつかのま 中学一年のとき、ダイエットから過食症におちいってしまった。食べたり吐いたり、こんな繰り返しがもう七年も続いている。楽しいはずの青春を、自分はいったいなにしてるんだろう。着 […]

シリーズ記事

2008.12.18

1.質問1:「娘が過食症です。どうしていいかわかりません。助けてください」

過食症・拒食症の娘をもつお母さんは、不安や悩みでいっぱい 「最近なんかようすがおかしい。食べたあとトイレで吐いてるみたい」 「大きなコンビニの袋をもって、こそこそと自分の部屋へ。あれってお菓子かパンじゃないかしら」 「チ […]

2009.01.21

2.質問2:自分の作った料理を、母親に食べるよう強要する

Q2:過食症の娘、香奈(25才)のことです。毎日料理をつくっては、私に「食べろ食べろ」と強要します。「吐き気がするから食べられない」と言うと怒りだし、食べ終わるまで私のそばから離れません。どうしたらいいでしょうか? ケー […]

2009.01.28

3.質問3:過食症(食べ吐き)の買い物を親にさせる

Q3:「お母さん、過食するから早く食べ物買ってきて」と、当たり前のように言います。私は両手いっぱいスーパーの袋を抱えて帰ってくるのですが、こんなことしていていいのでしょうか?自分で買いにいかせたほうがいいのでは? ケース […]

2009.02.04

4.質問4:父親をきらう、悪く言う

Q4:「お父さんきらい。顔をみるのもいや」と、父親をきらっています。仕事から帰ってきても「お帰り」も言わず、プイッと部屋に入ってしまったりします。父親は父親で「いつまで食べ吐きやっとるんや」と批判的です。あいだにたって母 […]

2009.02.10

5.質問5:「よけいなことせんといて」

Q5:「なんでこんなよけいなことするんよ、お母さんは!」と、過食症の娘(康子28才)は怒っています。私が気を利かして買っておいたケーキを見たようです。過食しているとき「もうこんなけしかないの。食べる物もうないの。これじゃ […]

6.質問6:「家族いっしょの食事がいや。一人で食べたい」と言う娘に、不安な母親(幸美15才、過食症暦1年)

摂食障害(過食症・拒食症)の子どもをもつ親御さん、とくにお母さんが多いのですが、いろんな不安や疑問をお持ちです。カウンセリング相談(セラピー)をとおしてよく聞かれる内容とアドバイスを、まとめてお話したいと思います。 母親 […]

7.質問7:「過食のお金、あの手この手でつりあげてくるんです」と、困ったお母さん

摂食障害(過食症・拒食症)の子どもをもつお母さんからよく聞かれる悩みです。家計にも直撃する問題だけに、お母さんも真剣です。 母親の不安: 「過食症の娘が『食べ物を買うお金、これだけじゃとても足りない。なんとかして』ってし […]

コラム一覧へ