自分の立てた予定が大事

発達障害と診断された高校2年のD子さんの事例を紹介します。

お母さんは部活で帰りが遅くなったD子さんの為に遅い夕食の用意です。冷めてしまったお味噌汁を熱々に温めてあげました。それを口にしたD子さんは急に不機嫌になり怒り出しました。

「今から友達にメールを返してシャワーして、明日提出の課題を済ませてから10時から始まるドラマを見る予定だったのに。こんな熱々じゃ夕飯に時間がかかるじゃない」と、ものすごい剣幕で怒り出すのです。お母さんにすれば親心で、それもお味噌汁を温めたくらいの事でとおろおろされてしまいました。

この様な持ち味の人は予定を崩されることが大変苦手です。親心より本人の予定を崩さない事を重要視しなければいけない時期があるのです。このお味噌汁の一件は、D子さんの予定を崩されている事が日常に沢山ある中のほんの一例でしょう。

シリーズ記事

2011.05.27

1.自分の立てた予定が大事

発達障害と診断された高校2年のD子さんの事例を紹介します。 お母さんは部活で帰りが遅くなったD子さんの為に遅い夕食の用意です。冷めてしまったお味噌汁を熱々に温めてあげました。それを口にしたD子さんは急に不機嫌になり怒り出 […]

関連記事

親子関連編:甘える

「甘え」は、心の養命酒 K子さんは5年前から過食症で苦しんでいます。今25才ですから20才のときに発症したと言えます。きっかけは「ダイエット」。「やせたい、スマートになりたい」というやせ願望にとらわれて、だんだんはまって […]

2009.01.28

質問3:過食症(食べ吐き)の買い物を親にさせる

Q3:「お母さん、過食するから早く食べ物買ってきて」と、当たり前のように言います。私は両手いっぱいスーパーの袋を抱えて帰ってくるのですが、こんなことしていていいのでしょうか?自分で買いにいかせたほうがいいのでは? ケース […]

土・日・祝日、夜間もカウンセリング治療が可能です

お仕事をおもちの方にも利用していただきやすいように、土曜日、日曜日、祝日もカウンセリングを行っています。また夜間は最終面接が8時スタートまでご予約できます。

記事一覧へ