子供をよくみる事 (アスペルガー 発達しょうがい)

淀屋橋心理療法センターではアスペルガー発達しょうがいの子供さんにとって大事な事は子供をよくみるということです。

私自身が子供を持つ親として気づかされた事ですが、親は一番身近にいるので子供のことをわかっているつもりでいます。その親の視点や思い込みで判断していてはなかなか上手くいかないのです。

アスペルガー発達しょうがいの子供さんは親からは想像もできないような所でつまずいたり、予想外の考え方をしていたりするからです。

まずその先入観を捨て子供のことを客観的にみることが大事です。それには第三者である当センターのカウンセラーがプロの目でそのお子さんの性格や傾向をお母さんと一緒にみつめ直していきます。

関連記事

2014.09.02

【非行】ポリシーのある非行の子は解決しやすい

夏休みが終わり、新学期がはじまりました。「夏休みだけ染めさせて。新学期までには黒くするから!」といって茶髪や金髪に染める中学生・高校生も多いようですが、新学期前には宣言通り黒色に戻されたでしょうか。当センターで非行解決の […]

2013.08.20

不登校の子どもさんをお持ちの親御さんへ 新学期に向けて

夏休みも残り少なくなり親御さんも不安や焦りが大きくなってこられているのではないでしょうか。 相変わらず全く学校のことを考えていないように見えたり、目に見えて気持ちが沈んでいたり、親御さんの心配も尽きないことだと思います。 […]

5.「お母さん、目先のことにとらわれたらダメですよ」(まさ江 24才)

娘の激しいリストカット(自傷行為)に悩まされて まさ江さんは、バーガーショップでフリーターとして働いています。仕事がシフト制で、朝早かったりお昼ごろ出勤したり。母親ともほとんど話し合う機会もないという状態でした。そんなお […]

シリーズ記事

2012.08.22

1.子供をよくみる事 (アスペルガー 発達しょうがい)

淀屋橋心理療法センターではアスペルガー発達しょうがいの子供さんにとって大事な事は子供をよくみるということです。 私自身が子供を持つ親として気づかされた事ですが、親は一番身近にいるので子供のことをわかっているつもりでいます […]

コラム一覧へ