子供をよくみる事 (アスペルガー 発達しょうがい)

淀屋橋心理療法センターではアスペルガー発達しょうがいの子供さんにとって大事な事は子供をよくみるということです。

私自身が子供を持つ親として気づかされた事ですが、親は一番身近にいるので子供のことをわかっているつもりでいます。その親の視点や思い込みで判断していてはなかなか上手くいかないのです。

アスペルガー発達しょうがいの子供さんは親からは想像もできないような所でつまずいたり、予想外の考え方をしていたりするからです。

まずその先入観を捨て子供のことを客観的にみることが大事です。それには第三者である当センターのカウンセラーがプロの目でそのお子さんの性格や傾向をお母さんと一緒にみつめ直していきます。

シリーズ記事

2012.08.22

1.子供をよくみる事 (アスペルガー 発達しょうがい)

淀屋橋心理療法センターではアスペルガー発達しょうがいの子供さんにとって大事な事は子供をよくみるということです。 私自身が子供を持つ親として気づかされた事ですが、親は一番身近にいるので子供のことをわかっているつもりでいます […]

関連記事

2010.07.16

発達障害の人の苦しみ

発達障害と診断されたF君(高1)はとても明るく、はきはきと話す人です。しかし俗に言う世渡り下手なのでしょう、相手に本当の自分の気持ちが上手く伝わらない、誤解されやすいのです。 例えば学校の先生に課題の提出期限が過ぎている […]

2012.06.09

納得すれば動く(アスペルガー 発達しょうがい)

アスペルガー(発達しょうがい)と言われる人は納得すれば動くと言う事がよくあります。一つ事例を紹介したいと思います。 W君は英語が苦手だし自分にとっては必要の無いものという考えでした。「僕は日本から出るつもりはないし英語な […]

2012.05.25

完璧主義(アスペルガー 発達しょうがい)

「あーあ 又だ」とお母さんは思わず溜息が出ました。小6のK君の国語のテストの答案です。それを見ると半分以上白紙の状態です。 「ねぇKくん、この問題なんてア、イ、ウの中から選べだよ。とにかくどれか書けば、1/3の確立で当た […]

記事一覧へ