子供をよくみる事 (アスペルガー 発達しょうがい)

淀屋橋心理療法センターではアスペルガー発達しょうがいの子供さんにとって大事な事は子供をよくみるということです。

私自身が子供を持つ親として気づかされた事ですが、親は一番身近にいるので子供のことをわかっているつもりでいます。その親の視点や思い込みで判断していてはなかなか上手くいかないのです。

アスペルガー発達しょうがいの子供さんは親からは想像もできないような所でつまずいたり、予想外の考え方をしていたりするからです。

まずその先入観を捨て子供のことを客観的にみることが大事です。それには第三者である当センターのカウンセラーがプロの目でそのお子さんの性格や傾向をお母さんと一緒にみつめ直していきます。

関連記事

2013.01.25

特性3:「『おもしろい話があるのよ』で、よけい緊張してしまう」

道子(28才過食症暦5年)のカウンセリング治療から 「あのね、おもしろい話あるのよ」と言って誰かが話始めると、たいていの人は「え、なになに」と言って、うれしそうに身を乗り出して聞くことと思います。ところが摂食障害の人はそ […]

私って「うつ病」?ある主婦の方からの問い合わせで

迷って迷って、やっぱり自分ではどうにも出来ないと思いメールしました。 もしかしたら、私はうつ病では?とここ何カ月か思っています。何もやる気がおきない。でも、仕事はしなければいけない。毎日イライラして、子供にあたってはすぐ […]

小学生の不登校

原因不明の不登校 「いじめはないみたいだし、勉強にもついていけてるはずなんだけど・・」。小学生の我が子が登校をしぶりだしたものの、はっきりした原因がわからない。原因がわからないから強く押していいものか、無理をさせない方が […]

シリーズ記事

2012.08.22

1.子供をよくみる事 (アスペルガー 発達しょうがい)

淀屋橋心理療法センターではアスペルガー発達しょうがいの子供さんにとって大事な事は子供をよくみるということです。 私自身が子供を持つ親として気づかされた事ですが、親は一番身近にいるので子供のことをわかっているつもりでいます […]

コラム一覧へ