子供をよくみる事 (アスペルガー 発達しょうがい)

淀屋橋心理療法センターではアスペルガー発達しょうがいの子供さんにとって大事な事は子供をよくみるということです。

私自身が子供を持つ親として気づかされた事ですが、親は一番身近にいるので子供のことをわかっているつもりでいます。その親の視点や思い込みで判断していてはなかなか上手くいかないのです。

アスペルガー発達しょうがいの子供さんは親からは想像もできないような所でつまずいたり、予想外の考え方をしていたりするからです。

まずその先入観を捨て子供のことを客観的にみることが大事です。それには第三者である当センターのカウンセラーがプロの目でそのお子さんの性格や傾向をお母さんと一緒にみつめ直していきます。

関連記事

2011.12.22

(発達しょうがい)怒りっぽい

18歳のG君は新しいスマートフォンが発売されるのを心待ちにして発売日直後にショップに購入に行きました。案の定長蛇の列です。やっと順番が来て契約手続きです。アスペルガーと言われている彼は事前にしっかり調べ上げているので手続 […]

初歩的なミスが重なって、自信喪失からうつに(三ヶ月で職場へ復帰)─新入社員にむけて

就職したばかりの新入社員の人たちに抑うつ症状が増えています。「こんな事くらいで、なんで抑うつになるのかな」と思うくらい、小さなミスがほとんどです。今年大学をでたばかりで、銀行に入った大下美保のケースを追ってみましょう。 […]

2011.09.08

マイペース

中1のH美さんのお話です。H美さんが「登校は7時44分」と自分で決めています。早めに用意が出来ていても7時44分になるまではテレビを見たり漫画本を見たりしながら時間潰しです。 逆に用意に手間取って7時45分になってしまっ […]

シリーズ記事

2012.08.22

1.子供をよくみる事 (アスペルガー 発達しょうがい)

淀屋橋心理療法センターではアスペルガー発達しょうがいの子供さんにとって大事な事は子供をよくみるということです。 私自身が子供を持つ親として気づかされた事ですが、親は一番身近にいるので子供のことをわかっているつもりでいます […]

コラム一覧へ