最近の不登校の傾向(2003年6月)

最近の不登校の傾向

5月中旬ぐらいから不登校のご相談が一気に増えてきました。最近の不登校の傾向は、「不登校のみで困っている」というよりは、他の身体症状が出ていたり、非行などを合併しているのが特徴です。症状の主なものは、「過敏性腸症候群」と呼ばれる「腹痛・下痢」であったり、「起立性調節障害」と呼ばれる「めまい・朝起きられない」といった、いわゆる「心身症(心身症状)」です。症状以外では「非行」と「暴力(荒れる)」が主です。また、このような方は心療内科や神経科などで精神安定剤・睡眠剤といった「お薬」を処方してもらっている場合が多く、当センターに来所される親御さんの多くは「薬をやめさせたい」とおっしゃいます。

もちろん、これらのご相談はお薬なしでも解決できることが多く、逆に「ぜひ薬を」という方については柔軟に対応させていただきます。また、他の症状を併発しているからといって解決が困難だということは決してありません。むしろ、心身症状や非行・暴力は、その方(ご本人)の性格やいきづまり具合などを教えてくれる一種のサインなのです。たとえば「非行」は「さびしさ」が強いというSOSであったり、腹痛・頭痛などは「自己主張ができていない・自己ストレスの認識にとぼしい」といった具合です。

なお、ご相談には親御さんのみで来所される場合が多く、その傾向は今も変わりません。親御さんの気力がしっかりしておられ、私どもの課題をしっかりこなしていただければ、ご本人の不来所は十分(十二分)に補えます。

(2003年6月)

関連記事

2011.07.04

(1)一人暮らしの摂食障害における注意点をお話します。

親御さんやご本人からよくだされる疑問、不安の声 「摂食障害でも一人暮らしはできるの?」「どんなことに注意すればいいでしょうか?」「食べだしたら止まらなくならないか心配です」「生活費とか過食の費用もかかるし、一人暮らしさせ […]

「女性に多い摂食障害(拒食症・過食症)」家族や教師の協力大切(日本経済新聞より)

このコーナーは、摂食障害(過食症・拒食症)にかんする情報コーナーです。本症にお困りのあなたやご家族の方にお役にたつかもしれないと思いお知らせしております。淀屋橋心理療法センターから出版された著書からの抜粋紹介や、その他新 […]

家庭内暴力:本人ぬきで治療をスタートし、大きな前進、解決にむかっているケース

「本人をつれていかなくてもいいんでしょうか」「なぜ本人ぬきでも治るんですか」 こうしたお問い合わせに実例をご紹介しながらお答えしましょう。次にあげた症例は当センターで、両親または母親(父親)一方のみの来所で面接治療をスタ […]

シリーズ記事

1.最近の不登校の傾向(2003年6月)

最近の不登校の傾向 5月中旬ぐらいから不登校のご相談が一気に増えてきました。最近の不登校の傾向は、「不登校のみで困っている」というよりは、他の身体症状が出ていたり、非行などを合併しているのが特徴です。症状の主なものは、「 […]

コラム一覧へ